2007年07月26日


格差社会ニッポンで働くということ
熊沢誠・著
岩波書店・刊

大枚1900円をはたいて衝動買いした本だったが、実にいい本だった。
私自身、これまで様々な仕事に就いてきて、そのどれもがうまくいかなかったわけだが、もっと楽にサラリーマンをやれる国がヨーロッパにはたくさんあることを、この本を読んで初めて知った。

いくつかの衝撃的な統計データを引用する。

・日米の中小企業労働者の賃金は大企業の60%だが、ヨーロッパの中小企業の賃金は大企業の80〜90%
・ドイツやイギリスでは、パートと正社員の時給(を含む労働条件)に差をつけてはならないという法律が成立している。
・週50時間以上働く労働者の割合、日本は先進18カ国中ダントツの28%。EU諸国はイギリス(15%)を除いて6%以下。
・ホワイトカラーエグゼンプションの対象者の年収制限、日本経団連の当初案では、400万円以上(!)、(ちなみに最終的な政府案では900万円以上)
・イギリスの求職者手当は無期限。フランスでは失業保険給付期間(それだけでも日本よりずっと長い)終了後には最低賃金水準の失業扶助(無期限)がもらえる。
・最低賃金、フランスでは1162円、イギリスでは1096円。

数字の細かい部分は正確ではないが、大体のイメージはつかめると思う。
今の日本は、あっちでもこっちでも、ワーク&ライフバランスがズタズタにされてしまっている。その分、経営者は安く人を雇えるし、金持ちの税金はとても安くなった。
だから、起業ブームなんかが起きたりするのだろうけど、そんなにみんながうまくいくはずがない。個人的に今の辛さを抜け出そうとするよりも、労働組合を強くして、サラリーマンを辞めるリスクを冒さなくても人間らしく生きられる社会を作ることの方が、現実的だし、大事なことだとこの本は説いている。

ウ〜ン、真実の言葉は重い・・・。ブログパーツ

kimmasa1970 at 01:46コメント(2)トラックバック(2)日々のできごと社労士 期間工 

2007年07月19日

あっさりとまともな再就職をあきらめた私は、てっとり早く期間工の募集をチェックすることにした。
この三河地方で期間工の募集をしている会社はかなりある。
待遇はトヨタ自動車がやはり一番良い。日給こそ9000円程度だが、その他の手当を合わせるとかなりの額になる。さらに人が足りない時期には特別手当が入社時に10万円もらえたりもする。
ただし、入る時の審査も実は厳しい。体の丈夫そうな奴で若くないと落とされてしまう。実際私も一番最初に受けてみてダメだった。

その他にもたくさんの下請けメーカーが募集しているが、条件はトヨタ自動車ほどではない。
私はひとまず大手部品メーカーのひとつを受けてみた。
期間工の応募は実に簡単だ。
まず、事前の書類審査などはない。チラシは新聞に毎日のように入っており、そこに毎日開催している面接場所が載っている。
チラシに載っている電話番号に掛けると、こちらの名前も聞かずに履歴書を持って指定された場所に時間までに来るように言われるだけ。
私が訪問した日も20人くらいの応募者がいた。スーツを着ている人も何人かいたが、ほとんどの人はカジュアルな服装だ。私もそのことは知っていたのでわざわざスーツなんか着ない。

最初に20分程度、簡単に説明を聞き、その後は順番に質問されていく。ひとりひとりを別室に呼ぶでもなく、みんなが見ているその場で面接される。
私は正直に社労士受験のために前の会社を辞めたこと、できれば残業の少ない部署への配属を希望することなどを述べた。
順番に面接が終わると、今度は実技試験だ。
面接官がトランプを出して、スピードのようなゲームをやらせ、ストップウォッチで時間を計る。手先の器用さと頭の回転の速さを見るらしい。
実技試験が終わった人から帰って良し。全部で2時間もかからなかった。

そして約1週間後に郵送で結果が届く。その時に健康診断の案内が入っていれば採用だ。ちなみに私は不採用だった。
おそらく残業の少ない部署を希望したことが引っかかったものと思われる。
仕方がないのですぐさま別の部品メーカーに応募してみた。

今度は前回の失敗に懲りて余計なことは言わなかった。
むしろ体力には自信があるとか書いておいた。
この会社にも12、3人の応募者が来ていた。
先にボルトにナットを付けたり外したりする実技試験をやり、その後順番にパテーションで仕切られたブースに呼ばれて面接があった。

そして一週間後、見事合格通知が来た。
出社は10月頭から。
決まってみるとずいぶんあっけないものだ。まともに就職活動を始めてからわずか2週間しか掛からなかった。
ブログパーツ

kimmasa1970 at 22:51コメント(0)トラックバック(0)社労士 受験と回想社労士 期間工 
実は会社を辞める時にちょっと揉めた。
世の中ゴネ得みたいなことがあまりにも多いので腹が立つが仕方ない。
つくづく物事を知らない人間は損するな、と思う。

退社日の翌日、総務に電話して離職票がいつもらえるかを聞いてみた。
法律上は「会社を辞めた日の翌日から10日以内に」とあるので、そんなに遅くなるとは思っていなかったのだが、いやあ、電話して良かった。

「20日過ぎになります」

おいおい、それじゃ違反じゃないか!
まあ、実務上期限が守られないことはしばしばあるにせよ、こっちの失業手当がそれだけ支給が遅くなっては困る。
事情を聞いてみると、どうやら給与計算の都合でそうなってしまうらしい。
こういう場合に私はまず、できるだけ相手から情報を聞き出すことにしている。いきなり自分の感情はぶつけない。

受話器を遠ざけて深呼吸し、ニッコリ笑って聞いてみた。
「なぜ給与計算に20日もかかるのですか?」
「いやー、そういう事情なので…」
こういう場合にスラスラと答えられるような担当者だと逆に要注意だ。こちらの質問を予想していないくらいの方が付け入る余地がある。
「その事情とやらを詳しく説明していただけませんか?」
「・・・計算センターにデータを送って、明細が返ってくるのが18日で…」
お、しめた。ここからねじ込むとしよう。
「一人分の計算くらい、計算センターに送らなくてもできるんじゃないんですか?」
「・・・間違いがあるといけませんので・・・。手計算でもできるはずですが、間違いがあってもいいですか?」
いいわけないだろう! と言いたいのを飲み込んで、心にもないことを言ってみた。
「いいですよ。手計算でお願いします。いつできますか?」
「・・・少々お待ちください・・・折り返しお電話でもよろしいですか?」

その後、細かなスケジュールを聞き出した上で、可能な限り前倒しを「お願い」した結果、3日後に離職票を手に入れることができた。これが黙っていたら20日過ぎまで待たされていたと思うと鳥肌が立つ思いだ。
それにしても、2週間以上も基本手当の支給が遅くなるのに、悠長に計算センター経由で給与計算してから離職証明書を出すなんて、何ともひどい話だ。
期間工は健康保険の任意継続ができないと言われたときにもびっくりしたが、今回も実にこの会社らしい対応であった。ブログパーツ

kimmasa1970 at 01:50コメント(0)トラックバック(0)社労士日々のできごと 

2007年07月16日

7月の14、15と、台風の中、開業塾・名古屋プロゼミの方々と共に、大阪の中土井先生の事務所を見学しに行ってきた。

中土井先生は名古屋プロゼミでは人事労務という、社労士業務における最奥義に当たる内容の講義をしていただいた方で、1,2号業務はやらないというスタンスにも関わらず、100社近い顧問先を抱える大先生である。

先生の仕事着はスーツではなく、ジーンズに白ワイシャツ、光りモノジャラジャラ。とても堅気の人間には見えない風貌の割に、とてつもなくハートの温かい、真の意味でのコンサルタントだ。

実は私は、名古屋プロゼミでの先生の講義の感想に一番辛辣なコメントを書いたことでよく覚えて頂いている。
「完全な準備不足。でもこの先生の場合はそんなことは問題ではない」
確かこんな内容だったと記憶している。

中土井先生の講義は確かに実にユニークで、レジュメなどの資料は少なく、先生のパソコンとプロジェクターを用意して、「さあ、何から話そうか?」って感じ。
普通、セミナーみたいなものは、与えられた題目に関して、ある程度論理的なステップを用意して、見出しみたいなものを作り、結論も想定して、それらの行間を自分の言葉で埋めていくようなやり方をする人が多い。

でも中土井先生は、人にものを伝える時に、形式とか段取りとか、理屈みたいなものは一切使わない。非常に直観的なやり方をする。
例えば「賃金なんてものは・・・」と言いながら適当に自分のパソコンに入っている賃金ファイルを開いて、「○○とか××みたいなもんを取り除いて、分り易く単純にしてやればいいんだ」とやる。
もうここまでくると、話している内容以上に、その人の存在自体が説得力になってしまっている。

社労士についての考え方も、見事に人柄を反映していて、法律知識なんかじゃ人は動かん、結局は人間そのものが信頼されるかどうかだけだ、と言われる。

そんな先生が用意してくれた飲み会の場所は、飛田新地の料亭「鯛よし百番」
ここはすごいところだ。元遊郭だった建物が、今は料亭として営業しており、当時の風情を感じられる貴重なお店。

そこで大いに飲み食い語り、カラオケをはしごして、通天閣の目の前にある1泊2000円の天然温泉サウナに泊り、翌日は道頓堀から大阪城まで水上バスから大阪の街を眺め、嵐のコンサートでごった返す中、大阪城を眺めて帰ってきた。

実に充実した素晴らしい旅だったが、中土井先生の言われた一言が気にかかった。
「社労士で成功して離婚してしまう奴が結構おるんだよ」
確かに社労士として知己を広め、見識を深める活動は、傍目には遊んでいるのと区別がなかなか付かないかもしれない。この旅行も、妻から見れば「自分ばっかり遊んで・・・」と映ってしまうのだろう。
正直、自分でもこんなことしている暇があったら、チラシの一枚でも配って営業しなけりゃ・・・と思うこともあった。
でも、そんなことはいつでもできる。
むしろ尊敬できる人物の存在を心に刻みつけることで、大きな方向性をしっかりと自分の中に持つことの方が何よりも貴重なはず。
と、今は信じているが、それが正しいかどうかを証明するには自分が結果を出すしかない。だからカミさんにはひたすら「お願い」するしかないのが現状である。ブログパーツ

kimmasa1970 at 21:52コメント(3)トラックバック(0)社労士 開業日々のできごと 

2007年07月12日

さて、一度目の本試験が失敗に終わって、今後どうするか?

前の会社は6月いっぱいで辞めているので、10月途中までは失業保険が出る。

ただ、元々勉強に専念するために会社を辞めたのだから、本試験が終わってしまった以上、さっさと働き始めなくてはならない。

9月の失業認定日、私は職安で初めてまじめに職業相談をした。

社労士資格取得を目指していること。できれば社労士事務所で働きたいこと。さもなくば、人事労務関係の仕事に就きたいことなどを職安の担当者に話してみたが、あまり親身になって聞いてはくれない。

35歳にもなって、これといったキャリアも持っていないような人間は、事務系では雇ってもらえないというのが、その担当者の意見だった。社労士事務所の募集もなくはないが、給料は安いしあまり勧められないらしい。

それでは、一体どんな仕事なら雇ってもらえるのか? 

「また期間工でもやれば?」

これを職業相談と言うのだろうか?

まあ、相談員といっても、要は税金で食わしてもらっている公務員である。

他人の面倒など知ったこっちゃないというのが本音だろう。

こっちも元々サラリーマンになることは既に諦めているので、痛くも痒くもない。

実際、来年合格したら、さっさと開業するつもりだったので、採用手続きの簡単な期間工は悪くない。辞める時も辞めやすいし。

下手に正社員になって、辞めづらくなっては計画通りにいかなくなる恐れがある。

というわけで、私は再度期間工の職を探すことにした。ブログパーツ

kimmasa1970 at 19:55コメント(0)トラックバック(0)社労士 受験と回想社労士 期間工 

2007年07月10日

最初の本試験が終わったその翌日、私は早速IDE社労士塾入会の申し込みをし、さらにその翌日には、質問の電話をかけてみた。

もちろんまだIDEのテキストなど届いていない。それまで使っていた「真島の基本書」の中で分からないところを片っ端から聞いていった。

IDEでは質問に答える講師も科目ごとに分かれているので、1回の電話で何科目も聞くときは何人もの講師に電話を取り次いでもらいながら質問をした。

また、本試験の解答(IDEの作成したもの)が発表されてからは、年金科目を中心に片っ端から質問した。

質問の回数制限などはないので、1日に何度も電話した。

締め切り時間の午後7時半ギリギリに電話して、8時過ぎまで話していたこともあった。

とにかく本試験に間に合わなかった年金科目の分からないところを全て潰してしまいたかった。

これまで質問したくてもできなかった欝憤と、本試験で惨敗した欝憤をぶつけるように電話しまくった。

受付の人から、各科目の講師まで、あっという間に名前を憶えられた。

きっと「またこいつか!」と思われたに違いない。

ごくたまにどこかで聞き覚えのある声の講師に出くわすことがあった。

他の講師はちゃんと最初に名乗るのに、そいつだけは名前を言わない。

しかもそいつは担当科目が決まっておらず、どの科目の質問にも答えてしまうのだ。

実はこの講師こそ、井出和幸先生ご本人であった。

塾長みずから質問の電話に対応するなんて、やってくれるじゃないか。

カセットの録音やら、短期ゼミの講義やら、一番忙しいはずの井出先生本人が電話に出てくれるとは、予想外だった。

しかも質問への対応の鋭いこと。

こっちの理解できていない部分を即座に見抜いて指摘してくる。

自分自身でさえどこが分かっていないかをつかみ切れていないような場合でも、必ず問題の核心を突いてくるので正直油断できない。

はっきり言って怖かった。

他の講師の時には、逆にこっちが鋭い質問をして講師を困らせていることが多かったのだが、井出先生が電話に出たとたん、緊張でピリピリである。


井出先生には枝葉末節の部分にこだわって勉強しては合格が遠のくだけだと厳しく釘を刺された。

そうは言っても、こっちだって全体像を捉えるために、記憶のパズルの最後の1ピースを埋めたくなる。

だが、井出先生は、どうせ本試験までには記憶のパズルはあちこち抜け落ちていくのだから、そんな細かい部分は覚えようとしても無駄だと言うのだ。さすが毎年受験生を毎年見続けているだけのことはある。

このようにして、9月が終わる頃には年金科目の全体像がやっと見えてきたのである。
ブログパーツ

kimmasa1970 at 03:28コメント(0)社労士 受験と回想社労士 学習法 

2007年06月29日

さて、IDE通信のうちどのコースを受講するか?

IDEで長期講座を受講すれば来年の本試験までは受講生として扱われて、電話で質問を受けてもらえる。
長期講座のうち、テキスト、条文順過去問題集、板書マスターなどの基本教材がセットされた3万8千円のコースと、それにカセット講義がついた10万円弱のコース、そして基本テキスト類はなしで、答案練習問題と解説テープのみの答案練習ゼミ(5万円程度)が候補だ。

もちろん充実した教材を揃えた方が安心だが、この半年間の勉強量を考えてみると、さほど多くの教材をこなせる自信はない。かといってしっかりとした実力が付かなかったら元も子もない。

そんなことを考えながら、インターネットで情報収集をしていた。
うまく得点できた人、ダメだった人、いろんな人が書き込みをしている。
そんな中、IDEの答案練習ゼミ(通信)を使って見事合格確実点を叩き出した人がいたので、私は彼にどんなふうに学習したのか聞いてみた。

彼は実はこれが3回目の受験で、初年度はやはり市販の教材を使い、2年目にIDEの長期通信(カセット付き)を使用して択一では合格点を取りながらも、選択式で1科目足切りに引っかかってしまい、3回目の今年、通信の答案練習ゼミを中心に学習したとのことだった。
教材の感想としては、答案練習ゼミのカセットの解説がとにかく優れていて、一度聞いただけで問題の論点が見事に掴めて記憶に残るとのこと。また、社労士の試験で重要なのは、難問に振り回されずに、簡単な問題、中程度の問題での取りこぼしをいかに減らすかであり、この答案練習ゼミの問題はそういう点でレベルが高すぎず、低すぎず、丁度良くできており、選択、択一各30問を解いて解説を聞いていくだけで知らず知らずのうちに得点力が上がると絶賛していた。

実際の合格者がこれほどまでに評価する答案練習ゼミなので、私もぜひ受講したいと思ったが、いかんせん私はまだ基本が身に付いていない。来年確実に合格するためには、やはりIDEの基本テキストで勉強する必要があるのではないか?

だからといって、それぞれ5万位かかる基本講座と答案練習ゼミの両方を受講するほどお金に余裕はない。けれど基本講座だけでは心配だし・・・。

結局どちらも捨て難かったので、私は去年の教材を(安く)譲ってくれるよう彼に頼むことにした。中古の教材を売買することは、著作権上の問題がなきにしもあらずだが、IDEからもきちんと基本講座を購入するのだから良しとしよう。
幸い、合格発表後には答案練習ゼミの教材一式と、昨年のIDEの模擬試験の問題までおまけに付けて譲っていただくことができた。
もちろん、IDEからも基本講座を購入したのは言うまでもない。
ブログパーツ

kimmasa1970 at 18:34コメント(0)トラックバック(0)社労士 学習法社労士 受験と回想 

2007年06月24日

本試験が終わってから数日間、私はずっと来年どう勉強するか考えていた。

今年の学習が失敗に終わった原因は何か?

・勉強の絶対量の不足(1月から手探りで開始したため)
・分からない時に聞く相手がいないせいで、時間をロスしている
・基本テキストが使いづらい(真島の基本書)
・常識科目について、市販の教材では情報の質と量が不足

自分で分析した限りではこんな感じだ。
特に苦しんだのはやはり質問相手がいないこと。これが致命的に理解を遅らせた。年金科目を理解しきれなかったのも、このことがかなり影響している(時間がなかったのもあるが)。複雑な科目ほど、テキストとテープだけでは理解しきれないのだ。

仕事のことやら、費用のことを考えると、さすがに通学は難しい。限られた時間の中で有効に知識を身に付けるには質問制度のある通信教育が一番いいと思った。

数ある通信教育を全て調べたわけではないが、掲示板などでの評判、またこれまで使用してきた条文順過去問題集やカセットテープの品質の高さを考えると、IDE社労士塾(通信)が一番頼りになりそうな気がした。また、LECやTACなどの大手と比べると、社労士試験だけを専門に扱っているというところが魅力だった。
ブログパーツ

kimmasa1970 at 15:33コメント(0)トラックバック(0)社労士 学習法社労士 受験と回想 

2007年06月23日

会社を辞めてまで受験勉強に専念した結果がこれ。
さすが終わった瞬間に不合格を覚悟しただけのことはある。
ただ、この年、惜しくもという結果になるよりは、見事にハシにも棒にも引っかからない方が、翌年の受験へのモチベーションはコントロールしやすい。
そういう点では、分りやすくていい結果だったと思っている。



17年結果








































選択式の労基は2点救済。
択一の常識と国年は足切りである。
特にこの2科目が苦手だったわけではないが、本試験レベルに対応できる学力が付いていなかったのは確かだろう。
むしろその他の科目が運が良かったといった方がよい。
いずれにしても、一からやり直すしかない。ブログパーツ

kimmasa1970 at 03:09コメント(0)トラックバック(0)社労士 受験と回想 

2007年06月21日

本試験当日は早めに家を出て、会場の名城大学へと向かった。
目的地に近付くにつれて、受験生らしき人影が目立つようになる。
地下鉄の階段を上ると、会場までの歩道は受験予備校のチラシ配りの人で埋め尽くされていた。
そして会場へと続く受験生の列、列、列・・・。

何だか自分がとても場違いな所へ来てしまった気がした。
受験生はもちろん、それを支える予備校の人たちも皆、真剣だ。まさにここは勝負の場所。

年金科目の全体像すら把握できていない状態で、こんな所へ来るなんて、ちょっと失礼じゃないのか?

そう思うと不思議とリラックスできた。
受験番号を確認して会場に到着した。
落ち着いて周りを観察するとなかなか面白い。必死の形相でテキストを読みふける人もいれば、落ち着いて瞑想する人、寝ている人。
試験官も色々なタイプがいる。アカ抜けない感じのおっさん、まだ20代の茶髪のお兄ちゃん、女性は地味な人が多い気がした。あんな兄ちゃんでも試験に受かれば社労士なんだと思うと不思議な気分だ。

試験官のくどいくらいの注意事項の説明の後、選択式試験が始まった。

いつものように労基から解き始める。
ところが、これが難しい。20分ほど考えたが、自信のある答えが3つ埋まらない。
仕方ないので飛ばして進む。
他の科目はおおむね回答できた。
ちょっと迷ったのは労一の右向きと上向きくらい。これも文脈から判断して右向きと決めた。この辺はまるで国語の問題を解いているようだ。
残った時間は30分。再度全科目の解答の自信度をチェックして、労基以外は安全圏であることを確認して、労基に再挑戦。
結局、自信のある答えは見つからず、迷いに迷って終了直前に祈るようにマークした。

昼休み、出がけにコンビニで買ったサンドイッチを食べながら横断集を読むが、あまり頭には入らない。答え合わせはしないほうがいいと聞いていたので、午前の試験のことは考えないようにする。

テキストやら問題集、ノート、横断集など、随分と持ち込んでいたが、結局ほとんど使わないまま午後の択一がスタート。

国年から解き始めるが、調子が良くない。
どの問も自信を持って回答できるものがない。
結局、30分以上かかって無理やり答えを選んで厚年にかかる。
これもまた難しい。基金のことなんてほとんど覚えていないので、山勘で解き進む。
自分の知っている知識だけを頼りに、少しでもそれに反するような肢は×にした。
厚年も30分以上かかった。

ここまできて、時間が足りなくなることを予感したため、比較的理解できてそうな労災、雇用を先にやることにする。
その後、常識、健保が終わった頃には残り時間が20分を切っていた。
長文の労基を残してたった20分!?
完全にヤケクソで回答していく。
ほとんど考えず、頭から読んでいって答えらしき肢が見つかったところで後の肢は読まずに次へ進む。

あっという間の3時間半だった。

模試の時と同じで、時間配分もうまくいかなかったし、ほとんど自信を持って回答できたとは言えないけれど、最後まで諦めずにやり抜いた満足感があった。

ただ、あんなに一生懸命勉強してきたのに、本試験に間に合わなかったことが悔しかった。絶対に来年は合格してやる、帰り道でそう誓った。

帰ってから、受験会場にハンカチを忘れてきたことに気付いた。交通費と所要時間を考えると取りに行くわけにもいかないので、諦めることにした。

ただ、忘れ物はもうひとつあった。
それは決して諦められないものだ。
来年必ず持って帰る。
合格という忘れ物を!
ブログパーツ

kimmasa1970 at 13:51コメント(1)トラックバック(1)社労士 受験と回想 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索