2007年04月01日

 紳士服のコナカ(横浜市戸塚区)は3月29日、一般従業員約720人に、時間外労働や公休未取得などで未払い賃金があったと発表した。総額約9億円を支払うとともに、残業代がつかない店長ら管理職約380人にも「特別賞与」として総額約4億7千万円を支払う。

 特定非営利活動法人(NPO法人)労働相談センターなどのブログ(日記風ホームページ)への書き込みを通じて従業員らが結束。労働組合を組織し、サービス残業の改善を目指していた。

 これを受けてコナカは2005年2月から2年間の勤務実態を調査。その結果、一般従業員に約六十万時間分に及ぶ時間外や休日労働の未申告があったと認めた。

 同社は「今後は関係諸法令の順守を徹底する経営を一層強化したい」と話している。

(神奈川新聞より引用)



「ブログがきっかけで会社が9億円(店長分を含めると約15億円!)もの大金を支払わされるとは、恐ろしい世の中になったもんだ。これからはしっかり社労士を顧問に迎えてコンプライアンス経営をしないと生き残れないぞ・・・・」と世の中の社長さんたちが思うきっかけになってくれるといいと思います。

おそらく、2年前よりも前から同様の勤務実態だったことが予想されるので、社員の人たちもさぞ喜んでいることでしょう。

不思議と、働く側の人間にとっては、結局総額が同じだったとしても、法違反でしかも際限なく働かされる可能性のあるサービス残業よりは、基本給が安くてもいいから働いた分はきっちりもらえる方が納得して働けるものなんですよね。
確かに入る前は基本給に目が行くかもしれないけど、実際入ってみてサービス残業ばっかだと騙された気になるもんです。
「まじめにがんばった人がちゃんと評価される仕組み」の方が、単純にいくら貰えるかよりも働く人を納得させる力があるんだと思います。法律以前に。

kimmasa1970 at 20:36コメント(0)トラックバック(0)社労士社労士 ニュース 
ヤフーで自分のブログを検索してみたら、「期間工、社労士」で1位になってました。
期間工から社労士を目指す人間なんて、珍しいってことですよね。
そして、なんとその下にあるページを見てみたら、この間プロゼミでロールプレイングの講師をして頂いた桑原先生のブログではありませんか。リンクしときますんで、よろしくです。

kimmasa1970 at 19:55コメント(0)トラックバック(0)社労士社労士 開業 
社労士開業!みかんの国の社労士開業への道


愛媛の岩本さんです。
平成17年、僕が最初に社労士受験をして惨敗した直後に、たまたま社労士関係のメーリングリストで知り合いました。

見事に合格確実ラインを突破されていたため、勉強方法を教えてもらえるようメールを送ってみたら、とても丁寧にアドバイスをもらえました。

その後、僕は岩本さんのマネをして、IDE社労士塾の通信講座を受講し、さらに合格後は実践社労士塾「名古屋プロゼミ」で開業のための実務を学んでいます。

ブログを書き始めたのも、実は岩本さんのマネです。
成功した人のマネばかりしているんです。僕は。

kimmasa1970 at 15:24コメント(0)トラックバック(0)社労士社労士 開業 

2007年03月30日

トヨタグループの主要各社が期間従業員の正社員登用を拡大しているようです。

社名(2007年度の期間工登用予定数)(同2006年実績)
トヨタ自動車(1200)(943)    
デンソー  (450) (190)
アイシン精機(約260)(241)
豊田自動織機(約200)(約200)
トヨタ紡織 (約90) (約80)
トヨタ車体 (増加予定)(68)

トヨタ自動車グループの主要部品メーカー4社の08年春の新卒採用計画が公表されました。いずれも過去10年間で最高水準の積極的な採用規模とする予定とのこと。同時に、期間従業員の正社員登用数を拡大し、生産現場の強化を進めるそうだ。


ただし、これから新たに期間工に入ることを考えている人には注意が必要だ。
自動車業界は、今後3年程の間に団塊世代の大量退職が予定されているため、生産に必要な人員を囲い込もうとしているので、採用拡大は一時的なもののはずで、早めに囲い込みに成功したら、これまでのように採用を減らしてしまうことが予想される。

あと、会社によって、登用試験を受けさせてもらえるまでに必要な期間が異なるので、今の登用拡大の流れに乗りたければ、早く受験できる会社を選ぶべきだろう。
トヨタ自動車と豊田自動織機は、6か月で受験できるが、トヨタは期間工の母数が1万人以上いるので、まだまだ倍率は高い。
デンソーは1年後に受験できる。
アイシンは3年くらいかかるが、ここは古い人から順番に受験していくので、受験までこぎ着ければ倍率は他社ほど高くない。

少なくとも、数年前までは数百人に一人とまでいわれた登用枠だったのが、改善しているのは確かだ。ブログパーツ

kimmasa1970 at 17:24コメント(2)トラックバック(0)社労士 受験と回想社労士 期間工 

2007年03月27日

実は今働いている会社は、期間工としては2社目だ。
仮に最初に勤めた会社をA社、今いる会社をB社として話そう。

私が社労士を志した時期は、丁度A社に勤め始めて半年が過ぎた頃だった。
トヨタ系の中でもA社はB社よりもずっとグレードの高い会社で、期間工としての待遇もとてもきっちりしており、誰でも期間工として半年勤務すれば正社員登用試験を受けさせてもらえたのだ。仮に滑っても、また半年働けば再度挑戦できる仕組みだ。

そもそも私が期間工の道に首を突っ込んだのは、30代も半ばになってろくなキャリアも持っていなかったため、就職しようにも他に選択肢が見当たらなかったせいである。そして幸い、期間工の募集には決まり文句のように「正社員登用実績、年間○○○名」などと、正社員への門戸が開かれている旨謳ってあった。

しかも、登用のための1次試験は一般常識の筆記試験と作文だというではないか。
一応、4大卒の私は、周りのヤンキー兄ちゃんたちを見まわして、自分の優位を確信したわけである。
ただし、合格実績は100人受けても10人未満。最初の6か月間、私は市販の問題集を買って、必死に勉強した。

だが、現実は甘くはなかった。
試験はどこかの専門会社が作ったと見られるマークシート方式で、知能検査を含めて半分以上が数学がらみ、しかもかなりレベルが高く計算のケタが多いため、答えまでたどり着くのは至難の業である。その上、問題の分量がベラボウに多い。
正直、出題傾向も分からずにやった試験勉強は。ほとんど役に立たなかった。

開始早々にため息をついて寝始める奴もいて、会場はあきらめムード一色である。
私は最後まで諦めずに取り組んだが、いかんせん、これだけ手ごたえが悪いと気分も沈む。最後の作文では明らかに集中力を欠いて、あわや時間切れになりそうになりながら、適当に締めくくる始末。

これでは不合格でも仕方ないな、と思っていたら、案の定1か月後にその旨の通知が来た。
私も後になって聞いた話だが、どうやらA社はコネのある人間が異常に通りやすいシステムになっているらしい。つまり、筆記試験をやたら難しくして差がつかないようにしておいて、主観的な採点が可能な作文と面接で実際には合否を決定するとしたら・・・・。
表向きは公平に試験を行っているかのように見せておいて、裏ではコネのある奴を登用している。そういう合格者を除いたら、一体どれだけの倍率になるんだ? しかも年齢が増すにつれて採用されにくくなるらしい。そんな噂を聞くと、まともに勉強するのがバカらしくなってしまった。

確かに考えてみれば当然かもしれない。技能職(つまり職人)を採用するのに一般常識がそんなに重視されるはずがない。なのに表向きは公平な試験をやっているかのように見せかけるのは、なるべくみんなにチャンスがあるように思わせるためか?
正社員登用は期間工を集めるために目の前にぶら下げられたニンジンなのか?

この時点で、私の人生計画は振り出しに戻ることになってしまった。
はてさて、自分はこれから何をして生きていけばいいのだろうか?
ブログパーツ

kimmasa1970 at 13:13コメント(0)トラックバック(0)社労士 受験と回想社労士 期間工 

2007年03月26日

36歳、妻と子供が2人(今年3歳と5歳になる)。
私は某トヨタ系の工場で期間工をしている。
年収360万。
年間労働時間2400時間(半分は夜勤)。
長時間労働で、しかも夜勤がからむため、常に体調不良で、自分の時間もとれない。
妻は時給800円のパートで月収5万円。
家の中は常に混沌としており、生活の苦しさと互いのストレスから口論の絶えない日々。
子供のうち一人は多動性障害の疑いがあり、しつけに普通の子の数倍の労力と時間を要する。
貯蓄はやっと300万。
年金未納期間は夫婦それぞれ5年以上。

正直、かなり身動きとれない状態だ。
去年あたりから格差問題がクローズアップされて、期間工から正社員への登用が増えてはいるが、仮に登用されたとしても任される仕事は単純作業のみで、60歳過ぎまで夜勤もやらされる。まさに身を削りながらの人生だ。

そうした未来が透けて見えた2年前、私は決意した。
今からでも自分の人生の方向を変えようと。
社労士資格への挑戦が始まった。ブログパーツ

kimmasa1970 at 13:49コメント(0)トラックバック(0)社労士 受験と回想社労士 開業 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索