2007年09月13日

仕事と勉強の両立について

2年目に(期間工として)勤めた会社は、3直2交代制で、毎日の労働時間が長く、休みが多い代わりに、昼勤と夜勤がめまぐるしく入れ替わるという、かなり厳しい勤務環境であった。
また、仕事の内容も1社目の時とはガラっと変わった。
2社目の会社で配属になったのは、鋳造部。文字通り、金属を溶かして型に流し込み、固まったらバリを取って加工場へ流すという職場だった。
これが暑くないわけがない。
特に夏場など、工場内は40度を超えることもある。
当然、汗をかくので、水分の補給は必須だ。
ところが、水ばかり飲んでいると、段々体がだるくなってくる。
実はこれは塩分が補給されないせいらしい。
そんなわけで、鋳造部の休憩所の冷蔵庫には、常に梅干しと塩こんぶが置いてあり、水と一緒にそれらを食べながら仕事をするという、まるで冗談のような世界なのだ。

12時間もの肉体労働を終え、仕事が終わって帰ってくると、汗だくのシャツを脱いでフロに入り、メシを喰ったらバタンキューである。勉強なんかする余裕はどこにもない。
そうした中で、細切れの時間を極力生かそうとしたのと同時に、休みの日はとても貴重な勉強時間となった。
家では四六時中子供が暴れ回っているので、集中して勉強なんか無理である。
仕方ないのでよく図書館へ通った。
図書館の自習室に行ってみて気付いたのだが、勉強している人って結構多い。中高生だけではない。大学生も社会人も。まさに虎視眈々。

残念ながら友達になった人は居なかったが、社労士のテキストを開いている人もたまにいて、声をかけたくなったこともあった。
でも、いくら同じ資格を目指しているからといって、人によって学習進度もレベルもまちまちなはずだ。だから今から思うと、傷の舐め合いはしなくて正解だった気がする。逆に孤独に自分を追いやって、独りでがんばる時期も必要だと思う。

kimmasa1970 at 00:21コメント(0)トラックバック(0)社労士 受験と回想 | 社労士 学習法 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索