2007年09月15日

青年会議所の人と会った 3

昨日はある人の紹介で、地元の青年会議所(JC)の方と会ってきた。

田舎町で社労士として開業する上で、地元の人々と仲良くなっておくことは、とても重要なことだ。

青年会議所の場合は、地元の企業の次代の経営者となる人々が数多く在籍していて、地域密着ということではとても強い絆を持てる組織だ。

ただし、強い絆には、それなりの出費も求められる。会費や参加費だけでなく、毎週のように開かれる委員会の会合なども、そこそこ出席しなくてはいけない。夜の付き合いがとても多くなるだろう。それは時間的な負担が増えるということ。せっかく入会しても、幽霊会員になってしまっては、却って関係が悪くなってしまうので、参加するとなると、かなりの覚悟が必要になる。

入るとなったら、完全に地元に軸足を置いて、徹底的に地元の人脈を強くする戦略でいくといいと思う。実は私はここでは余所者なのだが、意外とその土地で生まれ育った人間と比べると、前歴がない分受け入れてもらいやすい面もある気がする。

その代わり、資金繰りは相当厳しくなるので、人脈が仕事に生きてこない場合は、行き詰まってしまうこともあり得る。

なかなか決断は難しいが、熱い心で誘ってくれる人たちに悪意はないと思うので、年が変わる頃にはふんぎりをつけたいところだ。

kimmasa1970 at 16:27コメント(0)トラックバック(0)社労士 開業 | 日々のできごと 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索