2007年10月11日

当世写真館事情

制作中のホームページに載せる写真を撮って貰うために、近所の写真館に行ってみた。
まずはインターネットで「○○市 写真」で検索してみる。
ヒットしたのはたった2件。
そのうちの一件に電話してみたら、そこは写真館ではなく、フリーのカメラマンの電話番号だった。
一応、内容を話してみると、それなりに状況を理解してくれて話は盛り上がったが、スタジオがないというのが引っかかった。公園かどこかで撮ろうにも、人目が気になっては笑顔も作りづらい。やはりスタジオのあるところでないと被写体として落ち着けなさそうなので、検討すると言って電話を切った。

近隣の市も含めて何カ所か電話してみたが、スタジオのあるところでも、あまり趣旨を理解してくれるところがない。
仕方ないので、その中で一番近いところにある写真館に行ってみた。

店にはおばあさんがひとり、暇そうに内職をしている。
「あの、先ほど電話した者ですけど・・・・」
おばあさんが2階に声をかけると、息子らしい人が降りてきた。
「HPに載せるイメージ写真を撮って欲しいんですが」
「はあ。どんな感じですか?」
私と同年代くらいの息子に対して、できるだけ詳しく欲しい写真のイメージを伝える。
イマイチ内容が伝わっているのか怪しいまま、撮りましょうということになり、スタジオに案内されたが、そこにはイスが一脚あるのみ。
仕方がないので、そこに座ってみたが、ニコリともせずに無言でカメラを構える息子を見て、こりゃダメだと思った。
「ごめんなさい。やっぱり余所へ行きます!」
こいつはカメラマンというものの意味を何も分かってないんじゃないだろうか?
ただ単にシャッターを押すだけなら誰でもできるっつうの! お前なんかに向かって笑顔なんか作れるわけがないだろ!
そういえば、以前にも母親と一緒にやっている床屋で耳を切られたことがあったっけ。いい年してお袋に店番やらせてるようじゃ・・・。

これが東京なら、編集時代に付き合いのあったホンモノの若手カメラマンにいくらでも頼めたのになあ。。。

仕方がないので、最初に電話したフリーカメラマンのところへもう一度電話してみた。
話をしてみるとやはり、こちらの意図を分かってくれている感じがする。撮影場所を相談してみたら、その人の家の玄関でなんとかしてくれるというではないか。
その代わり、料金は先ほどの息子写真館の倍とのことだが、背に腹は代えられない。
幸い、ここも家の近所だったので、自転車で行ってみると、50そこそこの、長髪のギョーカイっぽい人がいた。
家はオンボロといっていい所だが、最新型のマックが置いてあるあたりはカメラマンらしい。
わずか3畳ほどの玄関に、うまいこと暗幕やら背景ペーパーやらを張り巡らせて、即席スタジオの出来上がり! 
そこへ小型のワゴンを机代わりにノートパソコンとイスを運んで撮影開始。

それから2時間かかって約100枚撮影した。
いや〜、モデルさんって大変ですねえ。
「自然な笑顔」というただそれだけのものを撮るのが、こんなに難しいものだとは・・・。
それでも何とか自分でも納得のいくカットが3パターンほど確保できた。
さすがはプロのカメラマン。名前を呼んだり、話しかけたり、一緒に笑ってくれたり、自分ではどうしようもないところを本当にうまく引き出してくれる。
デジカメ全盛で、誰でも写真くらい撮れる時代に、カメラマンの価値ってこういうことなんだと改めて思った。

立派なスタジオを持ってはいても、母親同伴でないと客と話もできない息子写真館と、ボロ家に住んでいても、ちゃんとプロとしての仕事をできる貧乏カメラマン。
機械の進歩のせいで淘汰されゆく業界ではあるが、人にしかできないサービスというのは、きっと生き残っていくと思う。

kimmasa1970 at 02:04コメント(2)トラックバック(0)社労士 開業 | 日々のできごと 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 浪速の射漏士(有資格者)   2007年10月11日 17:19
3 写真を元にアニメ化されるなど、HPに工夫してる先生もいてますね。おじぎするアニメーションなどには、相談しようか迷っている人には敷居が低く見える印象を与えるようですよ!

素材職人さんに作成してもらったらどうでしょうか?
ブログなどで仲良くなると無料で作ってもらえることもあるかも。
2. Posted by ブログ主   2007年10月12日 23:04
さすがよく研究されてますね。
HPは、とにかく時間と手間が掛かりますね。
譬え大金をつぎ込んだとしても、簡単にはいいものはできないと思います。
HPからその人の人柄って、何となく伝わってきますよね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索