2007年12月09日

社労士会のリーフレット

社労士の日の年金相談会の時に貰ったリーフレット。
リーフレット1 リーフレット2










リーフレット3リーフレット4










世の中、社労士といってもなかなかご存じない方がほとんどで、正直口頭で説明するだけではイメージが涌かないように思う。
しっかりした事務所案内を作る時間がないので、とりあえずこれを使えば割と解って貰いやすいかと思い、社労士会(県会)に問い合わせてみたらなんと1部30円で買わなければならないとのこと。
決して高いとは思わないが、このくらいのものならタダでくれてもいいのにと思っていたら、社労士会の支部の例会に行った時にドカっと貰うことができた。
おそらくは先日の社労士の日の年金相談会用で用意してあったものだと思うが、その年金相談会の時に知り合った先輩社労士さんが気を利かせてくれたというわけ。
社労士会も出たり協力したりするのを嫌がる先生たちは多いが、ちょっとしたことだけど、参加していることでメリットもある気がした。

早速、事務所のスタンプを押して、名刺と一緒に配ってみるとしよう。
社労士会が作ったリーフレットは、公共的なイメージがあるので、社労士を知らない人に信用して貰うには、良いツールだと思う。


kimmasa1970 at 09:28コメント(2)トラックバック(0)社労士 開業 | 社労士営業 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 浪速の射漏士(有資格者)   2007年12月09日 12:09
社会保険労務士は、行政書士よりも知名度が低い感じがします。
年金問題でTVや新聞に社労士の先生方が登場して、少しは有名になったようですけど。

私も、大学で労働法の単位を取らなかったら、知らないままだったかも知れません。

民間資格と間違う人も少なくないのでは?

リーフレットの裏側には、たしかにスタンプ欄ありますねw

そのうち労災未加入企業への啓発活動の仕事もあるでしょうし、訪問先の顧問契約は難しくても単発の仕事は獲得できるかもしれませんね!

営業先の話でおもしろい話があれば、ブログで紹介してください。
○○興業に訪問したら、893の事務所だったとかw

営業頑張って下さい。目指せ年収1000万円!
2. Posted by ブログ主   2007年12月09日 23:17
いつもコメントありがとうございます。
私は大学で労働法の授業を選択しなかったので、労働者の権利も何も知らないままに就職活動をし、退職金も残業手当ももらえない中小出版社に入り、苦労しました。
大学生なら労働法の科目は就職活動や職業選択のためにも必修といっていいほど大事なものだと今では思います。
良い会社を選べただけで、その人の人生は大きく変わると思うので、今の学生さんにも、売り手市場に浮かれることなく、本当に労働者にとって良い企業とは何かを良く考えて就職活動に励んでもらいたいと思います。

ところで最近、年収1000万円では物足りなくなってきました。社労士の価値はそんなものではない気がします。
がんばれば年収3000万くらいはやれるはずです。
これからは社労士法人を作るべきだと思います。個人では大したことはやれないと思うので。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索