2008年08月18日

ファシリテーション協会の例会を担当

毎月参加しているファシリテーション協会の定例会。今回は私が担当した。
内容はひとりひとりがファシリテーション協会へ参加した動機を探り、さらにそれぞれの今後のアクションプランを模索するというもの。
ベテランの運営委員さん(なぜかこの人も社労士だったりする)が世話役で付いてくださったお陰で、定例会はスムーズに進行することができた。
もちろん、一部失敗した部分もあったが、本来の主眼としているテーマを阻害するほどのことではなかったため、一応は目的(最低限参加者に満足してもらうこと)を達成することができたように思う。

私個人の反省としては、良いファシリテーターとなるためには、とにかく場数を踏むことが重要だということだ。今後の業務の上でも、もっともっと集団をコントロールするスキルとマインドを磨いていかなくてはならないと思う。
ファシリテーションについては、組織の活性化手法として、先進的な企業や自治体を中心にかなり取り入れられつつあり、今後の企業経営には不可欠なスキルとなることがほぼ確実視されている。
今後はプロのファシリテーターが当たり前に活躍する時代がやってくるだろうし、ファシリテーションそのものが国民の必須科目となる日も遠くないだろう。

kimmasa1970 at 18:19日々のできごと | 何だろう? 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索