2011年04月23日

リストラの手伝い

最近、解雇の相談が多い。
社員に退職勧奨を行なったら、ユニオンに駆け込まれたとか。
辞めさせたい社員がいるから、面談に立ち会ってほしいとか。

地震の後は、会社も危機意識が顕在化して、問題社員を積極的に整理することに踏み切るタイミングなのかもしれない。もちろん、年度末ということもある。

退職勧奨も解雇も、誤って地雷を踏まなければ大体の場合は成功する。
会社と社員は、労働法がどうであれ、最終的には付き合っていくメリットが無いと関係が続けられないからだ。
会社がその社員を要らないと判断した場合には、社員の側にできることは残っている有休をきっちり取ることとか、退職金の権利をはっきりさせるとか、離職票などの退職手続をしっかりやってもらうことぐらいしかない。
基本的には、終わった関係に固執するよりも、これからの人生を切り開くことの方が、その人にとって大切に決まっている。

だから、リストラが必要な場合には、徒に時期を延ばすよりも、早めに結論を出して、その分の人件費を節約する方がいいと思う。社員にとっても、ダメになる相手とは早く別れた方がいい。ブログパーツ

kimmasa1970 at 14:22コメント(0)何だろう?  

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索