2011年06月27日

自分の役員報酬の支払い方

設立した法人から毎月一定期日に一定額の役員報酬を貰う。
といっても、自分が出資したお金を法人から個人の口座に移すだけなのだが・・・
ただし、この分は給与所得控除の対象だ。

個人事業として500万円稼いだ場合、そこから青色専従者給与などの経費を差し引いた金額が所得となり、所得から青色申告特別控除や基礎控除、扶養控除などを差し引いた金額が課税所得となる。

青色専従者給与が96万円、青色申告特別控除が65万円、その他の経費が30万円とすると、課税所得は基礎控除38万円を除いた271万円。

同じ仕事を法人として行なった場合、青色専従者(だった人)への給与が96万円、その他の経費が30万円、残りは374万円。
これを全部役員報酬として貰った場合、
給与所得控除=65万円+残りの40%=65万円+(374万円−65万円)*0.4
=189万円
基礎控除=38万円とすると、
課税所得=374万円−189万円−38万円=147万円

仮に税率5%とすると、
個人の場合、271万円*5%=135,500円
法人の役員の場合、147万円*5%=73,500円

実際には法人市民税なども掛かるので、一概に得とは言えないが、基本的には所得が多ければ多いほど得になるらしい。

ただし、うちの法人はまだできたばかりなので、役員報酬は僅かだ。
その僅かな金額を毎月一定期日に振り込まねばならない。

最初はインターネットバンキングが使えるものと思っていた。
ところが法人の口座でネットバンキングを使うには、毎月2000円もの手数料が掛かる!!
個人だったらネットバンキングはタダで使えるというのに・・・
しまった!ヤラレタ!!

思いも寄らぬ誤算だった。
現金でATMから引き出してもいいのだが、どちらにしても手間が掛かる。

毎月それだけのために銀行に行くなんて、時間貧乏の私には到底無理。でも、僅か数万円のために毎月2000円の手数料ってのもご無体な話だ。

仕方がないので定額自動送金サービスを使うことにした。同一銀行同一支店だが、手数料が105円掛かる。何とも勿体ない話だ。ブログパーツ


kimmasa1970 at 22:45コメント(0)社労士 開業  

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索