2011年07月04日

プロゼミ勉強会

久しぶりにアライツ先生の呼びかけでプロゼミ勉強会に参加してきた。


参加者は50人くらい。
しかもそのほとんどがプロゼミ名古屋の出身者。
今年は5期生が巣立っていったらしい。

継続は力なりと言うけれど、毎年プロゼミをやってきていると一声掛ければこれだけの社労士が集まるというのはすごい事だ。
1期生は私を含めてわずか3人だったが、プロゼミのパワーを感じた。

開業塾だから仕方ないのだけど、どうしても開業不安症候群の人が多い。
昔は私もモロそうだった。

開業はしてしまえば何とかなるケースがほとんどだ。贅沢を言わなければ生活するくらいの稼ぎは誰にでも可能だと思う。ただし、贅沢ができるようになれるのはほんの一握りの成功者だ。本当の厳しさは実はそこにあるのだが、開業不安症候群の人たちはその手前で行政協力とか、サラリーマンとの二足のわらじに逃げてしまう(そういう点では、私をクビにしてくれた労働局の課長には感謝だ!)。

勉強会の内容は労使紛争がテーマだったのだが、体当たりで社労士業に取り組んできたアライツ先生らしい貴重な経験談(失敗から学んだことを惜しげもなく聞かせて頂いた)だった。実戦で直接役に立つネタの宝庫だったが、この話を仕事に生かしてくれる人が果たして何人いるか?
開業不安症候群の人は、失敗を恐れず顧客のために一生懸命がんばっているこの姿勢こそを見習うといいと思うのだがなあ。ブログパーツ


世の中には懐の深いお客もいて、「経験のある人に頼むこともできるけど、安くやってくれるならやる気のある新人に頼んでみてもいいかな?」と考えることもある。
自分がお客だったら、「私は経験が無いからできませ〜ん」という人と「(経験は無いけど)採算度外視で調べまくって必ずお役に立ちます!」という人とどっちに仕事を頼むだろうか?


kimmasa1970 at 02:30コメント(0)社労士 受験と回想 | 日々のできごと 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索