2011年07月04日

オススメの開業本

私はいまだに開業本を読むのが好きだ。

★私が読んでいて一番心に響いた文を引用する。
『たとえば、自社に社会保険労務士が営業に来たとします。「フリーター雇用」という助成金を薦められたので話を聞いてみると、とても良い制度でした。雇用を考えているので、営業に来た社会保険労務士に任せてみようと考えたが、助成金の手続き報酬が20%は高すぎると感じました。このような例はよくある話です。この経営者は、間違いなくインターネットで調べ、この助成金が「若年者等正規雇用化特別奨励金」という正式名称であること、ハローワークに問い合せをすればよいことなどを理解するでしょう。』
社労士業の本質を突いた言葉だ。いや、その他の士業も大差はない。★


この現実からスタートして、社労士の付加価値にどうすればたどり着けるか?
それを理解する一番の近道は、○○○に×××してみることだと思う。
私はとてもこの本が気に入ったので、この本の作者にある仕事を依頼したほどだ。ブログパーツ


kimmasa1970 at 03:03コメント(0)社労士 開業  

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索