2011年07月11日

顧問料のダウン提示

労働者数が大きく減少した会社に、顧問料のダウン提示をしたところ、大変喜ばれた。


社労士事務所と顧問先は、常にWIN-WINでなければならない。
だから、私は渋っている会社にも正々堂々と値上げを要求する。
逆に今回は値下げの要求?をした。

今では私の事務所も、業務の発生量と比較して、また、会社への貢献度と比較して、適正価格を自分なりに決めさせてもらっている。
やっていることと、貰っているもののバランスが崩れていると、事務所も会社も精神的に不健全になる。
長くこの商売を続ける上で、健全性というのは非常に大事だ。
「多くくれるものは貰っておけばいい」
そういう考え方の人もいる。
が、私はそうじゃない。

自分で決めた適正価格を守っていれば、十分に経営は成り立つことが分かったから(そうなるように決めたから適正価格なのだ)。
また、取りすぎをしないことが長いお付き合いには大事だ。お互いが誠実にお付き合いしましょう!という姿勢でなくては長続きしない。

多く貰いすぎていて、焦るよりは、少し値下げして気楽に付き合う方がいい。ブログパーツ


kimmasa1970 at 01:25コメント(0)社労士 開業  

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索