2011年09月08日

中安金の調査立会

労働局から顧問先に連絡があり、中安金の調査に来るというので立ち会ってきた。


ほんの数ヶ月しか申請していない会社で、中安金の調査があった。
その会社は、給与計算もやっていたし、どこをどう突かれても大丈夫だという自信があったが、実際にはいくつか不備があり、僅少な額ではあったが、返金が発生してしまった。

ひとつは単純な転記ミス。
もうひとつは、労働者代表が押印した日付がたまたま休業日だった。
そこを突いてくるか〜といった感じ。
おそらくは日付の書き間違いだと思われるが、そんな言い訳は通用しない。
その他、月割りと日割の休業手当の計算内容について細かく確認されたが、そこは当然そういうこともあろうと思ってきっちりデータを残してあったのでクリア。
調査員は2名で、そんなに威張ってもいなかったので、常勤の職員(いわゆる国家公務員)ではないのかもしれない。
調査時間は1時間程度。
来る前に資料に付箋を貼って調べてあるようで、確認事項に答えられればすんなり終わるようだ。
税務調査もそうだったが、とにかく記録をきちんと残しておくことが大事だ。記憶なんか全然残らないので。

ブログパーツ


kimmasa1970 at 01:35コメント(0)日々のできごと  

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索