2011年09月29日

お客様の声

最近、ホームページのリニューアルに取り組んでいる。
その中で、もっとも重要でかつ、自分で動かなければならないのが「お客様の声」だ。

開業して約4年が経過した。
(アレ?4年で良かったかな?3年かな?いややっぱり4年だ・・・)
最初の頃は、お金が無かったから安上がりのホームページで行こうと思い、ライブドアブログを活用してホームページの代わりに使っていた。

でも、最近やはりそれではいけないと思い、ちゃんとした業者に依頼してホームページをリニューアルすることにした。

ブログを活用したホームページはほとんど費用が掛からなかったが、問い合せもほとんど来なかった。(ゼロではない。年に何件かはある。今月は2件あった!)

ホームページの機能だけならブログでも何とかなる。検索でも意外と上位だ。
でも、上位に表示されている割に問い合わせが少なかったりするのは、ブログだからかもしれない。
つまり、見て呉れだ。

見て呉れの大切さは、一戸建てに引越ししてみて分かった。
そして看板を立てたらそれがもっと顕著になった。

やはり世間は見て呉れで判断する。

もちろん、本質は大事だ。
手続を素早くこなしたり、助成金を確実に受給したりすることは必要。
でも、社労士の力量なんて、付き合ってみなけりゃ分からない。
知り合いがいい人を紹介してくれればいいが、そういうツテの無い人は自分で探すしかない。

私も業者を選ぶとき、結構見て呉れを重視する。
なりふり構わない奴は所詮、そのレベル。
見て呉れまで気を配れるような業者の方が信用できる。

そんなわけで、最近お客様の声を聞いて廻っているのだが、改めて聞いてみるといろいろなことがリサーチできた。
・自分の知っている自分の強み
・自分の知らない自分の強み
・自分の知っている自分の弱み
・自分の知らない自分の弱み

どのお客さんも何らかのきっかけで知り合った人たちなのだが、私以外に候補が居なかったという人は意外と居なかった。こちらは紹介してもらえたからとか、タイミングが良かったからとか、割と単純に考えていたが、ちゃんと見られていることが分かった。

社労士業で他の人と差別化するというのは、案外難しい。
「人事コンサルができる」とか、
「紛争解決ができる」とか、派手な看板を掲げることがいいことのように思われがちだが、実際のニーズはもっと地味だ。

風邪を治して欲しいのに、癌の手術ができる医者はいらない。
だから差別化というのは、誰でもできる小さな事に気を配ることだと思う。ブログパーツ


kimmasa1970 at 23:46コメント(1)社労士営業  

コメント一覧

1. Posted by 田舎社労士   2011年09月30日 06:33
5 私もそう思います!!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索