2012年02月05日

最近の採用事情

とりあえずひとり採用。
でも、一ヶ月は様子見である。
採用も何度か経験を経てくると、一筋縄じゃいかないことが分かってくる。

パートを募集する時、以前は高い時給で応募者を集めたりしていたが、今はできるだけ安い時給からスタートするようにしている。

特に事務員の場合、雇ってみないと分からないことが多い。
そして、人材の価値が出てくるのは、雇ってから1年以上経ってから。
つまり、長く続かない人はいくら優秀でも意味がない。
そして、長く続く人は短期的な収入に頼らなくても済む人であることが多い。
現状では、社会保険の扶養の範囲内で働く分には、そう高い時給は必要ない。
逆に勤める側のメリットを考えると、社労士事務所のいいところは土日にちゃんと休めることらしい。
あとは、通勤が便利なら言うこと無い。
時給を上げてやるのは、価値が出てきてからでも遅くはない。とはいっても、扶養を外れてしまっては意味がないので、給与以外のメリットを提供することが多い(社用車を与えるなど・・・)。

そんな事情なので、高い時給を払う意味はあまりない。

もちろん、さらに重要な中核人材を正社員として雇う場合は話は別である。
ただし、この場合、その人が独立することを視野に入れて考えなくてはならない。
誰にでも独立の自由はあるし、そこにはお金だけでないメリットがたくさんある。
もし僕がどこかの社労士事務所に勤めたとしたら、一年くらいでさっさと独立していたと思う。そう思うと、正社員の雇用は難しいと思う。
最低でも正社員としてその事務所に骨を埋める気になるのは、独立したとしてもそう簡単には稼げない金額の給与が必要だ。そうなると今の自分の年収に近い額をその社員に払わなくてはならないということになる。
そう考えると、有資格者を雇うのも難しく思えてしまう・・・。

あと、最近の若い人ははっきり権利主張する人が増えてきたように思う。
雇用契約をきちんと取り交わしたりする。
まあ、社労士という仕事柄、雇用契約書の重要性は分かっているが、仕事に対する適正も見えないうちから高い条件を勝ち取ろうと交渉に熱を入れる人が居るが、いかがなものか?
顧問契約も同じだが、相手との信頼関係ができていない時期に強引に値上げしようとすると失敗しやすい。むしろ最初は安くしておいて、相手が自分を明らかに必要とするようになったら値上げ交渉するのが得策。
だから、ドライな応募者にはこちらもドライな感情が芽生えてしまう。
長続きすることが前提の職場には、ドライな人は果たして・・・
ブログパーツ

kimmasa1970 at 17:15コメント(0)日々のできごと  

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索