2012年04月26日

iPadの表計算ソフトについて

iPadのいいところは携帯性。
ところが、入力は時間が掛かる。
キーボードと違って、タップはそれがちゃんと反応したかを目で確認しなければならない。
iPadでブラインドタッチなんて絶対出来ない。もしもこれから進歩して、画面に凹凸まで作れるようになれば別だが。もしかしたらあと10年後くらいに実用化される可能性が無いではないが。


それでもいいところは携帯性だ。
とにかくどこにでも持って行ける。
ただ、電車の中では使いづらい。
つり革に掴まって立っている時など、もう一方の手でiPadを持ったら、片手で操作することはできない。
これだけはiPhoneに負けてしまう。ブログパーツ

kimmasa1970 at 00:02コメント(0)日々のできごと  

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索