2013年07月12日

落ち着いて・・・

これまでスタッフに任せていた給与計算やら年度更新やら、算定やら、実務に集中していたので久々のエントリーだ。

実は今、開業以来夢にまで見た「落ち着いた状態」にある。

士業事務所において、スタッフの出入りは実はとても大きな負担になる。
これまでひたすら拡大拡大で走り続けてきて、今回思い切って人数を減らし、自分も実務をある程度担当するようにしてみたところ、かなりスムーズに仕事が回るようになった。
教えては辞め、教えては辞めの繰り返しほど無駄なことはない。

今にして思うのは、頭数は少なくてもいいから、信頼できるスタッフを選ぶことの大切さだ。
仕事をしていて価値観の違いを感じることは避けられないが、そこで、きちんとお互いの違いを摺合せし、所長の方針を共有できる人は案外少ない。
よくいるのは、相手の方針をきちんと理解してもいないのに理解したふりをして話を終わらせようとするタイプ。

私も昔はキレたり、怒鳴ったり、いろいろ失敗したが、今では根気よく説明することができるようになったと思う。
それでも聞く気のない人間はどうしようもない。

今の事務所はまさに少数精鋭。ほとんど無駄なく業務が流れていく。

あと、業務が改善されたのは、たちの悪い顧客との付き合いを止めたことが大きい。
・費用を出し渋るくせに要求が多く、文句の多い顧客
・約束を守らない顧客
・連絡の取れない顧客
・不正をやりたがる顧客
たちの悪い顧客は大体経営もうまくいっていない。
助成金だけを取りたがる経営者に多い。
以前は売り上げが下がるよりはと思って、不愉快な顧客も我慢して付き合っていた。

でも、はっきり言ってこういう顧客は一刻も早く縁を切るのが正解だ。
・ストレスは業務効率を大きく下げる
・たちの悪い顧客に要する時間的コストを節約すれば、より健全な投資に回すことができ、長期的に見れば経営もより安定する

今、お付き合いして頂いている顧客は、経営者として私が共感できるマインドを持った人ばかりである。
そういう方たちとお付き合いしていると、毎日がとても楽しく、常にポジティブに思考できる。

やはり士業事務所は徒に拡大するよりも、まずは自分の目の届く範囲をしっかり固めて、土台をきちんと作ってから伸ばしていくべきだと今になって思う。ブログパーツ

kimmasa1970 at 00:09コメント(1) 

コメント一覧

1. Posted by 深く共感しました。   2013年07月12日 07:57
はじめまして。先生のブログをいつも拝読させていただいております。今回の記事も深く共感した次第です。経営者の志に共鳴できるかどうか・・・、まったくその通りですね。今後ともよろしくお願いします。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索