2013年10月20日

就業規則のセミナー

就業規則のセミナーに参加した。


基本スタイルはひな形に沿った逐条解説。

昼ごはんを食べたばかりだったせいか眠かった。

一方通行のセミナーはなかなか忍耐力が要る。

とりあえず今回参加した目的は、就業規則作成(または見直し)という仕事の基本スタイルを確立するため。

就業規則を受注してみて、一番感じるのは、社長さんは面倒臭がりだということ。面倒だから依頼する。

だから、こちらが丹精込めて作成した就業規則に目も通さないという社長も少なくない。

かといって、こちらが一文一文逐条解説をしていては、時間が掛かりすぎる割に退屈で聞いてもらえない。

基本知識を持っていて、意味が分かっている社労士が就業規則セミナーを聞いていてすら眠いのに、忙しい社長に無理やり就業規則を読ませても、頭に入らない気がする。

ひとつひとつの条文をストーリー仕立てにして、まるで落語のように話して聞かせることができればいいのだが。

今日聞いた中身で、一番役に立ちそうだったのはチェックリストだ。これをしっかり作りこむことで、就業規則業務に再現性を持たせることができ、時間コストが節約できる。

とにかく、就業規則を受注したら「おいしい!」と思えるようになりたい。面倒くさいルーチン作業を極力パターン化していかなくては。面倒臭くても企業にとっては重要なものなのだから。

それと単価アップもやはり重要だ。何らかの形でオリジナルな価値を盛り込む必要がある。ブログパーツ

kimmasa1970 at 00:33コメント(0) 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索