2014年10月21日

自分らしさとは?

社労士をやっていく上で、自分らしくありたいと常に思っている。
でも、自分らしさとは何だろう?

例えばパワプロの育成モードでは、選手の個性をいくつかの要素に分けてそれぞれを数値化することによって個性を定量的に表現している。
長打力、ミート力、走力、守備力、選球眼といった具合だ。
レーダーチャートみたいな感じ。
社労士の場合はどんな要素があるだろうか?
例えば営業力だけを取ってみても多岐に渡るだろう。
戦略構築力、行動力、PDCA改善力、提案力、コミュニケーション力、一般受け力、信頼持続力、個性力、特殊能力・・・
これらは、パワプロと違って各能力が独立とは限らない。
一般受け力と個性力とは反比例する。
女性は一般受け力が高い人が多い。
自分は多分、一般受けしないタイプのような気がする。

個性力で勝負する人は、売り出し方が難しい。
何が自分の良さなのかを、伝えなくてはならないからだ。
こうしたことは、レーダーチャートからは読み取れない。
定性的な分析が必要だ。
数値ではなく、タイプで決まる。

kimmasa1970 at 07:37コメント(0) 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索