2014年11月05日

読んだ本の話

宮台真司の就活原論を読んだ。

読もうと思った理由は、昔から宮台真司の本を読んでいた事と、就職活動というものがとても不合理だと昔から思っていたから。

私も大学を卒業して、ちゃんと在学中に就職活動して、企業に就職した経験がある。
正直、就職のことは大学に入った時から意識していた。
大学の4年間は、次のステップである就職のための4年間だと最初は考えていた。
だが、私は実際には、4年間就職の事ばかり考えていたわけではない。
もしも、就職のことばかり考えていたら、どう過ごしただろうか?
まず、自分の希望する就職先を決めることから始める。そのためには、様々な会社の待遇や働きやすさ、例えば有休の消化率や年間休日数、残業実態などを調べる必要があるだろう。
そして、自分の希望する会社や業界の就職試験の内容を調べ、対策を練る。
このようにして、就職試験に合格し、内定を獲得する確率を高める為にできることを全てやり、万全の準備をして就活に入る。

このように就職活動のことばかり考えて4年間を過ごさなかったのは何故かというと、私が面接官だったら、こんな学生は採用しないだろうと思ったからだ。
では、どんな学生を採用したいかというと、残念ながら、そこまで考えてなかったのが私の弱い所だったのかもしれない。

この本の中でも、上記のような就職活動中心の学生生活を送ることを過剰適応として取扱っている。

結局、私がどんな学生生活を送り、どんな就職活動をしたか。
私の学生生活は、要領良く単位を取りつつ、要領良く遊ぶことに集約された。
私の就職活動は、周りよりも出遅れた感を持ちながら、それでもなんとかチャンスを生かそうと、様々な会社を受けてみて、意外な企業で最終面接まで行って落とされたりして、普通の会社を受けると箸にも棒にも掛からないといった、掴みどころのない就職活動だった。
普通の会社に採用されない事に気付いてからは、敢えて志望をマスコミ一本に絞り、片端から受けまくったが、やがて夏が終わり、内定ゼロのまま最後に受けた会社で採用された。

今から思えば面接の時、内定ゼロであることを聞かれて、もしそこを落ちたらどうするつもりかと言われた時の答えが良かったような気がする。
その時、まだ別の会社を受けると言わず、就活留年するとも言わず、普通に卒業してアルバイトして暮らすと答えた。
実際、そうするつもりだった。
これ以上、就職活動のような不合理なレースに参加し続けたいとは思ってなかった。
もしかしたら、就職活動の結果、もの凄い優良企業に就職できて、一生バラ色の人生を送る切符を手に入れる奴も居るかもしれないが、なんとなく自分とは無縁な気がしていたからだ。
私にとっては、就職活動とは宝くじみたいなものだった。買い続ければ当たるものではない。

私が就職活動をした理由は、ひとつは自分にも当たるかもしれない宝くじを一度は買って見ようと思ったのと、もうひとつは新卒社会人としての経験を積んでみたかったことだ。

結果的にその会社も、三年で辞めるわけだが、今でも辞めたことを後悔していないし、入ったことも後悔してない。
かなり破天荒な会社だったが、それでも自分がサラリーマンに向いてない事を理解するには十分だった。

この本を読んで改めてもし、就職活動をやり直すとしたら、まず就職活動なんかクソだということを理解してからやるべきだと思う。
そして、就職活動を人生の最終決定だと思わず、社会人経験を一定の期間経験する場所を選ぶつもりで、やるだろう。
内定が取れても取れなくても、会社員やフリーターに過剰適応することなく、次のステップのために役立つ経験を得られるような道を選ぶ。

就職活動なんか、人生の双六で無数に振るサイコロのひとつ。どんな一流企業に入ったとしても、所詮はサラリーマン。自由業の魅力の方を選ぶことになるような気がする。

この本には、真の力を付ける事の重要性が書かれているが、私は若者が真の力が何かを理解することすら難しいと思うので、まずは色々な経験を積み、自分の力の無さを知る事から始める必要があると思う。色々な事に興味を持ち、やってみて、失敗して、壁にぶつかって初めて真の力が何かがわかる。
だから、まず必要なのは、大きな夢かもしれない。


kimmasa1970 at 00:29コメント(0) 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索