2016年05月23日

異業種交流会について

社労士の営業手段のひとつである異業種交流会について書こうと思う。

世の中には様々な異業種交流会がある。

もっとも単純なのは場所と時間だけがセッティングされていて、そこで誰とでも名刺交換ができるというもの。

最近ではFacebookなどでイベントが作られたりして、そこでコミュニティができたりしている。

また、入会を必要とする異業種交流会もある。

青年会議所や商工会、商工会議所など。
倫理法人会、中小企業家同友会、ロータリークラブ、ライオンズクラブ、士業どうしの交流会・・・

そこへ入る目的は「顔を売る」こと。

「顔を売る」とは、つまりその人の人となりを知ってもらうことである。

その日限り、その場限りの異業種交流会と違い、そこへ入会し定着して、同じ目的の為に活動する会では、「活動」をしなければ顔は売れない。
ただ、そういう異業種交流会の方が、結びつきは強くなる。
その代り、時間やお金は余計に掛かる。

私もこれまで色々な会を体験した。

水の合う所もあれば、合わない所もあった。

顔を売りたければ活動することが求められるが、本気で活動しようとすれば、敵も生まれるので商売にはマイナスになってしまう。マイナスの顔を売ってしまうリスクもある。

だから、異業種交流会では、本気で活動しようとしてはいけない。
かといって、本気でないことが見え透いていてもいけない。
本気でやっているフリをして、実は「顔を売る」ことに専念しなくてはうまくいかない。

正直、そういう姿勢で参加するのはつまらないと思うし、自分に嘘をつくことになる。
それでも、顧客獲得しなければ生きていけないのであれば、我慢することだ。

今の私はそこまでしなくても、生きてゆけるので、興味の無いことには参加しない。

kimmasa1970 at 23:35コメント(0) 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索