2016年10月08日

仕事のスタイル

スタイルとは、考え方や行動の仕方。
自分の事務所は、それらが全てオリジナルだ。
これは強味でもあるが弱味にもなる。

例えば、開業前にどこかの事務所で働いた経験があれば、スタイルを一から作る必要がない。

ところが、そういう環境だと、スタイルを作ることが出来なくなってしまう可能性がある。

社労士事務所の場合、仕事のこなし方には様々なスタイルがある。
顧客とのやり取りの仕方や役所とのやり取りの仕方、事務所内でのやり取りの仕方。
電子申請をするかしないか?
贈答品や年賀状などのコミュニケーション。
事務員の教育の仕方やマニュアルの作り方。
営業の仕方や顧客との付き合い方。

これまで、それらひとつひとつと向き合ってきたが、遠回りも随分としてきたように思う。

そういう点では、私のような社労士にとって、同業者との付き合いは貴重な情報交換の機会だ。

開業当初と比べれば、電子申請のシステムなどは随分とやりやすくなった。

手続きの管理システムは、自分でデータベースにしていて、クリックひとつで今やるべき仕事がソートされる。

こうしてみると、階段はなだらかに続いていて、今もその途中にあることが分かる。
つまり、これからも登り続ける必要があるということだ。

kimmasa1970 at 19:32コメント(0) 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索