社労士

2007年04月01日

人間、目標を見失うと無力になってしまうものだ。
登用試験に落ちた後の私はまさにそうで、仕事にも身が入らず、ミスをしたり、上司と揉めたり、挙句の果てには体調をこわして工場に設置されている診療所で点滴を受けたりした。

診療所のベッドに横たわりつつ考えた。
どうやらここも俺の居るべき場所ではなさそうだ。
胃腸風邪で、熱が38度あっても働かされるところは別にA社だけではないだろうが、こんな状態では仮に次回の試験で成績が良くても面接でアウトだ。
体が弱いなんて、こういうとこでは一番嫌がられる。

そうこうしているうちに正月休みに突入した。
その年最後の仕事日は、折しもクリスマスイブ。
製造ラインは5時で終了だ。しかも労働組合が正門でしるこやら、雑煮やら、おでんやら、振る舞ってくれている。
・・・なんていい会社なんだろう。
すでに背中を向けた相手の長所を見せられるというのは辛いものだ。

家に帰れば帰ったで、嫁はすき焼きを作って、子供は大歓声でお出迎えだ。
なんとも辛い年の瀬だった。

休みの間、私は図書館に通い、独りになって考えた。
これからどうしたものか・・・

話は前後するが、期間工を始める前は6〜7年ウェイターをしていた。
正直、一度はサービスの道を進もうと決意したこともあった。
だが、その業界ほど不況に弱く、労働環境の厳しいところはないということを痛感して、足を洗ったのだった。

ウェイターの前は実はフリーライターだった。
大学を出るときに、結局何がしたいか分からずに、小さい頃から本が好きだったというだけの理由で、とある中小出版社に就職した。
その会社を3年で辞め、実家でそのことを告げた時、母親が言ったものだ。
「やっぱりね。あんたが会社員なんてできっこないと思ってた」
そうか。自分でもそう思ってたが、一番好意的に見るはずの親でさえそう思うか。

フリーライターは嫌で辞めたわけではない。仕事は無くはなかったが、食っていけなかっただけだ。それで仕方なく始めたウェイターの道にはまってしまっただけだった。

まったく、恥ずかしくなるくらい、行き当たりばったりの人生だ。
そうは言っても恥ずかしがってばかりもいられない。今では妻と二人の幼児を養っているわけなのだから。

当時34歳。いまさら未経験の仕事に正社員で雇ってくださいとも言いづらい。
また、仮に雇ってもらえたとしても、年下の上司がいたりする職場で長続きするとも思えない。
それに第一、会社員が向かない性格なのはとうに分かってる。
肉体労働を一生続けられるほど体も強くないし・・・。
一体お前に何ができるというんだ!?

文章を書くのは得意だったな。(←フリーライターじゃ食えないだろ)
勉強はそこそこできる方だったかな。(←塾の先生か。人前で喋ったことなんてないから、やれても家庭教師くらいか。それじゃ食えないな)

ここまで消去法を繰り返して、たどり着いたのが、資格という選択肢だった。
資格の中でも、何年も勉強に費やさなきゃならないような難関資格じゃなく、今から勉強しても何とかなりそうなもの・・・・・・・・・それが社労士だった。
(つづく)

kimmasa1970 at 22:51コメント(0)トラックバック(0) 
 紳士服のコナカ(横浜市戸塚区)は3月29日、一般従業員約720人に、時間外労働や公休未取得などで未払い賃金があったと発表した。総額約9億円を支払うとともに、残業代がつかない店長ら管理職約380人にも「特別賞与」として総額約4億7千万円を支払う。

 特定非営利活動法人(NPO法人)労働相談センターなどのブログ(日記風ホームページ)への書き込みを通じて従業員らが結束。労働組合を組織し、サービス残業の改善を目指していた。

 これを受けてコナカは2005年2月から2年間の勤務実態を調査。その結果、一般従業員に約六十万時間分に及ぶ時間外や休日労働の未申告があったと認めた。

 同社は「今後は関係諸法令の順守を徹底する経営を一層強化したい」と話している。

(神奈川新聞より引用)



「ブログがきっかけで会社が9億円(店長分を含めると約15億円!)もの大金を支払わされるとは、恐ろしい世の中になったもんだ。これからはしっかり社労士を顧問に迎えてコンプライアンス経営をしないと生き残れないぞ・・・・」と世の中の社長さんたちが思うきっかけになってくれるといいと思います。

おそらく、2年前よりも前から同様の勤務実態だったことが予想されるので、社員の人たちもさぞ喜んでいることでしょう。

不思議と、働く側の人間にとっては、結局総額が同じだったとしても、法違反でしかも際限なく働かされる可能性のあるサービス残業よりは、基本給が安くてもいいから働いた分はきっちりもらえる方が納得して働けるものなんですよね。
確かに入る前は基本給に目が行くかもしれないけど、実際入ってみてサービス残業ばっかだと騙された気になるもんです。
「まじめにがんばった人がちゃんと評価される仕組み」の方が、単純にいくら貰えるかよりも働く人を納得させる力があるんだと思います。法律以前に。

kimmasa1970 at 20:36コメント(0)トラックバック(0) 
ヤフーで自分のブログを検索してみたら、「期間工、社労士」で1位になってました。
期間工から社労士を目指す人間なんて、珍しいってことですよね。
そして、なんとその下にあるページを見てみたら、この間プロゼミでロールプレイングの講師をして頂いた桑原先生のブログではありませんか。リンクしときますんで、よろしくです。

kimmasa1970 at 19:55コメント(0)トラックバック(0) 
社労士開業!みかんの国の社労士開業への道


愛媛の岩本さんです。
平成17年、僕が最初に社労士受験をして惨敗した直後に、たまたま社労士関係のメーリングリストで知り合いました。

見事に合格確実ラインを突破されていたため、勉強方法を教えてもらえるようメールを送ってみたら、とても丁寧にアドバイスをもらえました。

その後、僕は岩本さんのマネをして、IDE社労士塾の通信講座を受講し、さらに合格後は実践社労士塾「名古屋プロゼミ」で開業のための実務を学んでいます。

ブログを書き始めたのも、実は岩本さんのマネです。
成功した人のマネばかりしているんです。僕は。

kimmasa1970 at 15:24コメント(0)トラックバック(0) 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索