社労士 学習法

2007年08月24日

本試験が終わり、就職先も決まり、IDE社労士塾への入会手続きも済んで、9月は自信の無かった年金の学習に専念した。

択一式では厚生年金こそマグレで6点取れていたが、逆に難問の少なかった国民年金が3点というあたり、理解ができていない証拠である。

例えば、国民年金と厚生年金の「被保険者期間」の意味の違い。
厚生年金では被保険者期間が給付額に直結するのに比べて、国民年金では老齢でも障害でも遺族でも被保険者期間によって何かが決まるということがない。わずかに初診日とか死亡日の時点で被保険者であったかどうかが問題になるだけだ。
こういったことが頭の中でいったん整理された後と、そうなる前のゴチャゴチャの状態とでは、問題を解くときの視点も全然変わってくる。
厚生年金で取った6点は、確実に取った6点ではなく、今回たまたま6点取れたにすぎなかった。
それを実力で6点取れるようにするのがこの時期の学習だったと思う。

やったことは地味だった。
今回の本試験問題や、過去問を解いて、すべての肢について確実に正誤の判断ができるようになるまでテキストを調べたり、IDE塾に電話したり・・・。
少なくとも誤りの肢については、その理由がはっきりと分かることが大切。
5肢全てについてそれがはっきりと分かるまでしらみつぶしに調べた。

本試験で理解が及ばなかったことが悔しかった分、なぜそうなったのか、今後同じ轍を踏まないためにはどうすればいいのか、真剣に考えた。
おかげで、IDE塾の先生からは、そこまでは考えなくても試験には出ないから大丈夫ですよと何度も言われたものだ。

今から思うと、この時期の学習は本当に落ち着いて集中して取り組むことができ、実に力になったと思う。
もしこれが、合否スレスレの得点だったら、合格発表までは勉強に集中できなかったかもしれない。
また、本試験前に自分を徹底的に追い込んで、苦しい思いをして勉強してこなかったら、本試験後にこれほど意地にはならなかったかもしれない。
つくづく人間って、弱い生き物だと思う。
ブログパーツ

kimmasa1970 at 18:58コメント(0)トラックバック(0) 

2007年08月19日

あと1週間で今年も本試験がやってくる。
私が去年やった方法で、一番効果のあった受験テクニックを紹介しよう。

私の場合、択一式で時間配分がうまくいかないという悩みがあった。
択一式70問をどんなに急いで解くようにしても、時間が足りないのである。
3時間30分で70問を解いて、さらに見直しの時間を確保するためには1問3分弱しかない。これがどうにも間に合わない。

これはもう、頭の回転が遅いのだから仕方ない。ここで頭の回転を1週間で早くするなんてことを考えてる人はきっと来年も受験することになるだろう。

私の場合は、ある方法でこれを克服した。

問題を読むスピードに限りがあるなら、読む問題の量を減らすしかない。
かといって、問題を読まなければ得点もできない。
そこで私は5肢択一という問題の形式に着目した。
正解肢だけ読む方法はないだろうか?
さすがにそれは無理だったので、頭から順番に読んで行って、途中で正解だと思う肢が見つかったらそれを選ぶことにして、あとの肢は読まないことにした。
この方法は特に誤りの肢を選ぶ場合に有効だ。

このやり方だと、すべての肢を読みながら解くより正解率は落ちるのではないか?
かなり危険なやり方だと思いながら模試で試してみたら、逆に得点が伸びた!

おそらくこれまでは時間配分に不安があることで冷静さを失っていたのではないだろうか?
ひとつのことが改善されると他のことも改善されることがよくある。
もし、同じような悩みを持っている人がいたら、一度試してみるといい。
時間が足りなくなるということは、その人はそれだけ注意深く問題を読んでいるということだ。だったら、すべての肢を読まなくても正解肢を見つけることはそんなに難しくないはずだ。
そして足切りシステムのある社労士試験は時間配分ミスで得点に偏りが出ると致命傷になる。
私はこのやり方で一気に合格圏内に漕ぎつけた。ブログパーツ

kimmasa1970 at 22:54コメント(0)トラックバック(0) 

2007年07月10日

最初の本試験が終わったその翌日、私は早速IDE社労士塾入会の申し込みをし、さらにその翌日には、質問の電話をかけてみた。

もちろんまだIDEのテキストなど届いていない。それまで使っていた「真島の基本書」の中で分からないところを片っ端から聞いていった。

IDEでは質問に答える講師も科目ごとに分かれているので、1回の電話で何科目も聞くときは何人もの講師に電話を取り次いでもらいながら質問をした。

また、本試験の解答(IDEの作成したもの)が発表されてからは、年金科目を中心に片っ端から質問した。

質問の回数制限などはないので、1日に何度も電話した。

締め切り時間の午後7時半ギリギリに電話して、8時過ぎまで話していたこともあった。

とにかく本試験に間に合わなかった年金科目の分からないところを全て潰してしまいたかった。

これまで質問したくてもできなかった欝憤と、本試験で惨敗した欝憤をぶつけるように電話しまくった。

受付の人から、各科目の講師まで、あっという間に名前を憶えられた。

きっと「またこいつか!」と思われたに違いない。

ごくたまにどこかで聞き覚えのある声の講師に出くわすことがあった。

他の講師はちゃんと最初に名乗るのに、そいつだけは名前を言わない。

しかもそいつは担当科目が決まっておらず、どの科目の質問にも答えてしまうのだ。

実はこの講師こそ、井出和幸先生ご本人であった。

塾長みずから質問の電話に対応するなんて、やってくれるじゃないか。

カセットの録音やら、短期ゼミの講義やら、一番忙しいはずの井出先生本人が電話に出てくれるとは、予想外だった。

しかも質問への対応の鋭いこと。

こっちの理解できていない部分を即座に見抜いて指摘してくる。

自分自身でさえどこが分かっていないかをつかみ切れていないような場合でも、必ず問題の核心を突いてくるので正直油断できない。

はっきり言って怖かった。

他の講師の時には、逆にこっちが鋭い質問をして講師を困らせていることが多かったのだが、井出先生が電話に出たとたん、緊張でピリピリである。


井出先生には枝葉末節の部分にこだわって勉強しては合格が遠のくだけだと厳しく釘を刺された。

そうは言っても、こっちだって全体像を捉えるために、記憶のパズルの最後の1ピースを埋めたくなる。

だが、井出先生は、どうせ本試験までには記憶のパズルはあちこち抜け落ちていくのだから、そんな細かい部分は覚えようとしても無駄だと言うのだ。さすが毎年受験生を毎年見続けているだけのことはある。

このようにして、9月が終わる頃には年金科目の全体像がやっと見えてきたのである。
ブログパーツ

kimmasa1970 at 03:28コメント(0) 

2007年06月29日

さて、IDE通信のうちどのコースを受講するか?

IDEで長期講座を受講すれば来年の本試験までは受講生として扱われて、電話で質問を受けてもらえる。
長期講座のうち、テキスト、条文順過去問題集、板書マスターなどの基本教材がセットされた3万8千円のコースと、それにカセット講義がついた10万円弱のコース、そして基本テキスト類はなしで、答案練習問題と解説テープのみの答案練習ゼミ(5万円程度)が候補だ。

もちろん充実した教材を揃えた方が安心だが、この半年間の勉強量を考えてみると、さほど多くの教材をこなせる自信はない。かといってしっかりとした実力が付かなかったら元も子もない。

そんなことを考えながら、インターネットで情報収集をしていた。
うまく得点できた人、ダメだった人、いろんな人が書き込みをしている。
そんな中、IDEの答案練習ゼミ(通信)を使って見事合格確実点を叩き出した人がいたので、私は彼にどんなふうに学習したのか聞いてみた。

彼は実はこれが3回目の受験で、初年度はやはり市販の教材を使い、2年目にIDEの長期通信(カセット付き)を使用して択一では合格点を取りながらも、選択式で1科目足切りに引っかかってしまい、3回目の今年、通信の答案練習ゼミを中心に学習したとのことだった。
教材の感想としては、答案練習ゼミのカセットの解説がとにかく優れていて、一度聞いただけで問題の論点が見事に掴めて記憶に残るとのこと。また、社労士の試験で重要なのは、難問に振り回されずに、簡単な問題、中程度の問題での取りこぼしをいかに減らすかであり、この答案練習ゼミの問題はそういう点でレベルが高すぎず、低すぎず、丁度良くできており、選択、択一各30問を解いて解説を聞いていくだけで知らず知らずのうちに得点力が上がると絶賛していた。

実際の合格者がこれほどまでに評価する答案練習ゼミなので、私もぜひ受講したいと思ったが、いかんせん私はまだ基本が身に付いていない。来年確実に合格するためには、やはりIDEの基本テキストで勉強する必要があるのではないか?

だからといって、それぞれ5万位かかる基本講座と答案練習ゼミの両方を受講するほどお金に余裕はない。けれど基本講座だけでは心配だし・・・。

結局どちらも捨て難かったので、私は去年の教材を(安く)譲ってくれるよう彼に頼むことにした。中古の教材を売買することは、著作権上の問題がなきにしもあらずだが、IDEからもきちんと基本講座を購入するのだから良しとしよう。
幸い、合格発表後には答案練習ゼミの教材一式と、昨年のIDEの模擬試験の問題までおまけに付けて譲っていただくことができた。
もちろん、IDEからも基本講座を購入したのは言うまでもない。
ブログパーツ

kimmasa1970 at 18:34コメント(0)トラックバック(0) 

2007年06月24日

本試験が終わってから数日間、私はずっと来年どう勉強するか考えていた。

今年の学習が失敗に終わった原因は何か?

・勉強の絶対量の不足(1月から手探りで開始したため)
・分からない時に聞く相手がいないせいで、時間をロスしている
・基本テキストが使いづらい(真島の基本書)
・常識科目について、市販の教材では情報の質と量が不足

自分で分析した限りではこんな感じだ。
特に苦しんだのはやはり質問相手がいないこと。これが致命的に理解を遅らせた。年金科目を理解しきれなかったのも、このことがかなり影響している(時間がなかったのもあるが)。複雑な科目ほど、テキストとテープだけでは理解しきれないのだ。

仕事のことやら、費用のことを考えると、さすがに通学は難しい。限られた時間の中で有効に知識を身に付けるには質問制度のある通信教育が一番いいと思った。

数ある通信教育を全て調べたわけではないが、掲示板などでの評判、またこれまで使用してきた条文順過去問題集やカセットテープの品質の高さを考えると、IDE社労士塾(通信)が一番頼りになりそうな気がした。また、LECやTACなどの大手と比べると、社労士試験だけを専門に扱っているというところが魅力だった。
ブログパーツ

kimmasa1970 at 15:33コメント(0)トラックバック(0) 

2007年06月20日

本試験の数日前から図書館の自習室で社労士の教材を開いている人を目にすることが多くなっていた。

意外と身近にいるもんなんだな。

孤独な独学者にとっては、そんなことでも励みになった。



本試験の前日は土曜日のため、図書館は5時で閉館となる。

仕方ないので、そのままマックへ行って勉強を続けた。

8月からは過去問を中心にアウトプット学習を続けていた。

本試験前日の段階では、年金科目の過去問の2回転目をやっていた。

しかしここでも焦りが出てしまった。

過去問をやりながら、国民年金と厚生年金の内容がごっちゃになってしまっていることに気づいたのだ。

このような状態になってしまうと、自分が何が分かっていて何が理解できていないかすら分からなくなってくる。

やればやるほど危険な心理状態になってくるのが分かった。

諦めて8時半にテキストを閉じた。



とうとう間に合わなかったな。

分かっていたこととはいえ、何とも言えない気分だった。
ブログパーツ

kimmasa1970 at 15:50コメント(0)トラックバック(0) 

2007年04月29日

さて、このままでは本試験に間に合わないという事態に気付いた私は、スケジュールを組み直すしかなかった。

1月のスタート時点でも各科目ごとのスケジュールを大雑把に組んではいた。が、その時点ではまだ教材も学習方法も確定しておらず、手探りで取り組んでいくうちに予定はズレズレになり、ゴールデンウィークまで来てしまったというのが実情だ。
しかもこの後に残っている科目は年金をはじめ、初学者が苦戦しそうなものが多い。
今のペースで学習を続けても、本試験に合格するどころか、1回転目の学習さえ完了しないかもしれない。

ここで一番簡単なのは、来年に持ち越すという選択肢である。
正直、現在の状況ではそれが最も合理的だということは分かっていた。しかし、社労士受験というものは2年計画が素直に通用するほど甘いものではないということも、受験掲示板やメーリングリストなどの情報から察していた。人間の志というものは、そう何年も持続できるものではない。やろう、と決めた日から、全速力で走り抜けなければ、目的を達成する前にモチベーションが下がってしまうかもしれない。そうなって、何年も受験を繰り返している人が大勢いるらしいのだ。
だから結果的に1年目がダメでもいいから、なんとか合格を目指して最大限できるところまでやってみようというのが、私の結論だった。

スケジュールを練り直すといっても、できもしない計画を立てたところで、結果は変えられない。
短期間で学習を進めるためには、やはり時間を増やすしかない。
だが、これまでも勉強できる時間は極力勉強に費やしてきたつもりだ。そんな状況の中で勉強時間を増やすにはどうすればいいのか?


・・・・仕方がない。ブログパーツ


・・・・・私は会社を辞めることにした。


会社といっても、期間工である。何も失うものはない。
そして幸い、契約期間の満期が6月末に迫っていた。
生活は雇用保険の失業手当で何とかなる。ありがたいことに、正社員と違って期間工は有期労働契約のため、期間満了で退社した場合には、3か月の給付制限を受けずに、すぐに失業手当がもらえるのだ。
早速、妻にもそのことを話したが、生活の心配がないということで納得してくれた。
あとは、7月、8月の2ヶ月間のラストスパートに賭けるのみだ。

こうして私の社労士受験後半戦がスタートした。



kimmasa1970 at 18:46コメント(0)トラックバック(0) 
私は平成17年の1月から受験勉強を始めた。
ただし、最初のころは市販のテキストや問題集を使っていたため、学習効率がとても悪かった、と今になって思う。
IDEのカセットテープが届いた1月下旬には、すでに労働基準法を一通り読み終わっていたので、テープを併用し始めたのは労災の途中からである。
そしてIDEの条文順過去問題集を手に入れたのは4月に入ってからだ。その時にはもう雇用保険も終わって徴収法に入っていた。
徴収法が終わったのがゴールデンウィーク直前だ。多くの受験者がそうだと思うが、私もこの時期に自分の学習進度を検証した。
本試験まであと4か月。残っている科目は、労働一般、社会一般、健康保険、国民年金、厚生年金。
単純に科目数だけで見れば、1〜4月で5科目、残りの4か月で5科目だ。
ただ、そのスケジュールで勉強していって、果たして合格できるだろうか?

ここまでの私の学習について再度まとめてみると、
・通勤途中にIDEカセットを聞く。
・会社の休憩時間に真島の基本書を読む。
・土日にカセットと基本書を併用して、それが終わると過去問題集を解く。
基本的にこの流れなのだが、実は端折った部分がかなりあった。
特にアウトプット学習が足りていないのを感じていた。
過去問題集は、一通りはなんとか解いたが、本当に理解できているというわけではなく、同じ問題をまた間違えてしまうようなレベルで、試験に対応できるだけの実力にはほど遠かった。
しかも、もうすでに最初の頃に学んだ労働基準法などは忘れ始めていた。
このままでいけば本試験当日にどのような状態に陥っていることか、薄々想像できた。

社労士の受験学習では、科目が10もあるため、最後の科目をやる頃には、最初に学習した科目はほとんど忘れてしまう。そのため、全体を3回転くらい学習しないと合格点は確保できないと言われている。
私のこのままのペースでは、本試験までにようやく1回転がやっとだ。

・・・・このままでは不合格確実である。
ブログパーツ

kimmasa1970 at 14:43コメント(0)トラックバック(0) 

2007年04月27日

市販の問題集の誤植の多さに辟易していた頃、yahooの社労士メーリングリストでIDE社労士塾が出している7年分掲載の「条文順過去問題集」というのが使いやすいという評判を聞いた。

当時の私は「条文順」の問題集があることすら知らなかった。
確かに択一問題というのは、1問5肢からなっているが、同じ条文の内容で構成されている場合もあれば、5肢それぞれが異なる条文に関する内容の場合もある。
それらを一度バラバラに分解して、再度条文順に並べてあるのがこの問題集だ。

私は直観的にこれは使える、と思った。

本試験そのままの5肢択一問題は、1肢1肢が別々の引き出しにある知識から判断することを必要とするような構成になっていることが多いため、それぞれの知識をすべて習得した段階でないと、対応が難しい。
それに比べて条文順の問題集は、ひとつの項目を学習したら、すぐそれに対応する問題を解くことができる。

つまり学習の初期においては、条文順過去問題集は大幅に学習効率を上げてくれるわけである。

実際、購入してみると、他にも良い点がたくさんあった。
まず、解説が非常に分かりやすい。
これはIDEのカセットテープについても感じたことだが、無駄がなく、なおかつポイントを明確に捉えている。
そして、誤植、間違いがほとんど皆無である。
これは無くて当たり前という意見もあるが、これまで購入した市販のテキスト、問題集はみなどれも返品したくなるばかりの劣悪な品質のものが多かった。
IDEの条文順過去問題集は、それらとはまったく異質な、完成された教材と言って良かった。
ブログパーツ

kimmasa1970 at 22:20コメント(0)トラックバック(0) 
ひとつの科目について一通り、カセットテープとテキストの併用で理解が進んだら、今度はアウトプット学習だ。
実はこれが上手くいかなかったのが、初年度敗退の大きな原因だったと思う。
前にも書いたが、私が使用した過去問題集は、以下の2冊だ。
「小野純の私が教える社労士 労働法編・過去問題集」
「鈴木保代の私が教える社労士 社会保険編・過去問題集」
この問題集には過去10年分の本試験問題が掲載されているのだが、前述したとおり、スペースの都合か、解説がとてもシンプル。正直、初学者にはそれだけでは分からない部分が多かった。しかも、誤植、誤記が多く、とても多くの時間をロスしてしまった。

それでも3月ごろまでは、我慢してこの問題集を使っていた。
だが、使えば使うほど、色々なところで間違いが見つかる。元出版業界にいた人間だから分かるが、少しでも社労士受験の学習内容に踏み込んだことのある人間ならすぐに分かるような間違いが何か所も見つかった。

結局このようなモノに付き合っていても、自分の合格が遠のくだけだと思い、他の問題集を探すことにした。ブログパーツ


kimmasa1970 at 21:40コメント(0)トラックバック(0) 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索