キヤノン

2008年10月09日



新事務所移転に伴って、キヤノンのオールインワンインクジェット複合機を買った。
MX-850には、カラーインクジェットプリンタに紙送り装置付きのスキャナとFAX機能が併さっている。

ちなみに自宅で仕事をしていた時には、スキャナ+カラーインクジェットプリンタのMP-610を使って、ファックスはブラザーの家庭用普通紙FAX機を使っていた。
以前の環境に対する不満は以下の通り。
・FAXとプリンタが別々なのでその分場所を取る
・FAXはインクリボンタイプなので、すぐに無くなる上に、コストが高く、取り替えが面倒
・MP-610のスキャナに自動紙送り装置がない
・FAXをデータ受信できない

今回、MX-850に替えたことで、データ受信以外のところは解決した。
残念ながらキヤノンはインクを売って儲ける戦略なので、この便利な複合機にわざわざデータ受信機能を付けずに発売しているため、データ受信はあきらめるしか無かった。
ただ、今回の事務所移転に伴ってという口実で、FAXの受信に関してはインターネットFAXに切り替えたため、通常の電話回線からのFAXであれば、tiffファイルでメールで受け取ることができるようになった。ちなみにメールもWEBメールを利用しているので、自宅以外の場所でも送られたFAXを見ることができる。
ADSLや光回線から送られたFAXはインターネットFAXでは受け取れないため、そういう相手先だけは、MX-850で受信してプリントせざるを得ない。そうやってわざわざプリントした原稿を、いちいちスキャナで読み込んでデータ化しなくてはならない。
ただ、そのような相手先は幸い少数なので、助かっている。

実際にMX-850を使ってみての感想としては、思った以上に自動紙送り装置の価値が高いということ。これまで整理に四苦八苦していた、各種の届出書類やその控えを、あっという間にサーバーに収納することができた。
しかもこの自動紙送り機(ADF)は、自動両面読み取りもできる。
もちろん、プリンタも自動両面印刷可能なので、便利だ。

kimmasa1970 at 17:45 

2008年05月30日

FAXというものは、今後徐々に淘汰されていくメディアだと思う。
少なくとも、文字や画像のデータを紙媒体でやりとりするのは、本来必要なことではなく、電子データとしてやり取りした上で、必要なものだけプリントすれば済むからだ。

私ももちろんFAXを事務所に備えているが、実際にはFAXではなくすべて電子メールでPDFデータで送ってもらえば済むし、その方が管理もしやすく、紙やインクも無駄にならない。
それでもFAXが必要なのは、未だにパソコンに慣れていない社長さんが多いせいだ。
だから、そういう人とのやり取りのために、本来は必要ないFAXというメディアが存在する。

というわけで、私が欲しいのは、相手がFAXで送った原稿を、データとして受信することができるFAX。
さらに、付け加えてパソコン用のインクジェットプリンタ・スキャナとの複合機。

MFC-880CDWN
プリンタ単体、FAX単体で考えると少々高い気もするが、2つのメディアのサプライ、メンテナンスがひとつになる便利さと、合計価格と置き場所の節約を考えるとかなり魅力的だ。
ただ、残念ながら私が使用しているキヤノンのインクジェットプリンタ用のインクは流用できないので、買い換えは無理。
キヤノンはインクジェットプリンタの評価は高いが、実はFAXと複合機の機能が中途半端で、送られてきたFAXをパソコン側にデータとして受けることができないらしい。何とも中途半端な機種を作ってくれたものだ。これではせっかくプリンタとFAXを複合させたのに、紙もインクも節約にならないではないか。送られてきたFAXを、わざわざ一度プリントして、それを再度スキャンしてパソコンに保存するという2度手間。
とはいっても、プリンタメーカーは消耗品を売って儲けているのが実態なので、このような不完全なものを作ることになるのかもしれない。でも、そんなことをしていたら、ユーザーからそっぽを向かれてしまうのは時間の問題だ。キヤノン危うし!

【送料無料】キヤノン PIXUS MX850



kimmasa1970 at 22:33 

2008年02月02日

 
キヤノンはフリーターや子育てを終えた女性などを対象とする職業訓練を3月1日から実施すると発表した。

 政府が4月からの実施を目指している「ジョブ・カード制度」を先取りするもので、訓練を実施した後、優秀な人を正社員として雇用することもあり得るという。

 キヤノンは訓練対象者と有期の雇用契約を結び、月額15万5000円を支給する。生産ラインの保守・点検や、ソフトウエアの作動確認、製品の調達業務などの分野で半年間鍛える。

 対象は30人。過去5年に、3年以上継続して常用雇用された経験を持たない人なら応募できる。


これも一種の人材囲い込みだと思う。期間工よりもらえるお金は安いが、職業訓練が受けられる。正社員登用については蓋を開けてみないと分からないが、単純労働と違ってジョブカード制度として公的に能力を認証してもらえるので、その後の就職にも有利になるかもしれない。

日本の人口もどんどん減る一方なので、企業としては安い労働力を求めるだけではどうにも立ちゆかない。人を育てることで企業の価値を高めて生き残っていくしかない時代だと思う。

kimmasa1970 at 11:15 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索