ジョブカード

2008年02月02日

 
キヤノンはフリーターや子育てを終えた女性などを対象とする職業訓練を3月1日から実施すると発表した。

 政府が4月からの実施を目指している「ジョブ・カード制度」を先取りするもので、訓練を実施した後、優秀な人を正社員として雇用することもあり得るという。

 キヤノンは訓練対象者と有期の雇用契約を結び、月額15万5000円を支給する。生産ラインの保守・点検や、ソフトウエアの作動確認、製品の調達業務などの分野で半年間鍛える。

 対象は30人。過去5年に、3年以上継続して常用雇用された経験を持たない人なら応募できる。


これも一種の人材囲い込みだと思う。期間工よりもらえるお金は安いが、職業訓練が受けられる。正社員登用については蓋を開けてみないと分からないが、単純労働と違ってジョブカード制度として公的に能力を認証してもらえるので、その後の就職にも有利になるかもしれない。

日本の人口もどんどん減る一方なので、企業としては安い労働力を求めるだけではどうにも立ちゆかない。人を育てることで企業の価値を高めて生き残っていくしかない時代だと思う。

kimmasa1970 at 11:15 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索