データベース

2008年01月03日

正月ということもあって、じっくり本を読んだり、じっくり興味あることを調べたりしている。
普段のバタバタした日常とは違い、こういう落ち着いた時間の中には意外と大きな収穫があるものである。

社会実情データ図録

中国の人口ピラミッドを探している時に発見したのだが、これはすごい!
ものすごい量の統計データベースを無料でWEB公開しているのだ。
公的機関でもないのに、こんなに役に立つ情報を誰でも自由に利用させてくれるとは、本当にありがたい!

例えば日本と主要国の一人当たりのGDPの値と対世界平均の割合の変化が西暦1年から現在までグラフにして示してあったり、親の帰宅時間の国際比較では、中国やヨーロッパでは、意外とお父さんは早く帰宅している(5時とか6時!)ことが分かったり、中国とインドの超長期人口推移では、インドの人口が中国を抜くことが確実であることが判明したり・・・。
元が統計資料なだけに、そこで述べられている分析も、メチャクチャ説得力がある。

統計データというのは、話の根拠としてはすごく良いのだが、それを入手したり作成したりするのがとても難しく、苦労させられる。

こんな素晴らしい労作を作ってくれた本川氏に拍手!である。



kimmasa1970 at 02:17コメント(2)トラックバック(0) 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索