トヨタ

2007年12月10日

トヨタに残業代の重荷 カイゼン活動の社員「過労死」
(朝日新聞より)
 トヨタ自動車に勤務していた内野健一さんの急死を労災と認定した名古屋地裁の30日の判決は、トヨタの躍進を支える「創意くふう提案」や「QCサークル活動」などを、労災認定の際には「業務」と判断する考えを示した。こうした活動を「個人の自発的な提案」とみなして残業代を払っていない企業には衝撃を与える内容だ。

 トヨタは、社員が創意くふう提案に費やす時間や、月2時間を超えるQCサークル活動を自発的活動とみなして、残業代も支給してこなかった。

 QC活動を「業務」と認定した理由について判決は、(1)会社紹介のパンフレットにも積極的に評価して取り上げている(2)上司が審査し、その内容が業務に反映される(3)リーダーは活動の状況を自己評価していた、などの点を指摘。QC活動はトヨタの自動車生産に「直接役立つ性質のもの」であり「使用者の支配下における業務」とした。

 原告側の弁護士は「外見上、自発的な活動としながら、企業が残業代を払わずに労働者に仕事をさせる巧妙なシステム。トヨタの急成長の秘密の一つだ」と指摘する。

 残業代の支払いを迫られれば、労務コストの負担は高まる。原価低減を武器に国際競争を勝ち抜いてきたトヨタにとって足かせになりかねない。

 トヨタの労使間の協定は、1カ月の残業時間を、厚生労働省が「業務と過労死の関連性が強い」とする80時間を超えないように定めている。今回認定された106時間余は大幅な超過。このまま判決が確定した場合、労使間の懸案である労働時間短縮のハードルも従来以上に高まる。

 類似の手法はホンダなどにも導入されており、日本の製造業に及ぼす影響は大きい。


これは結構画期的な判決だ。
ただ、内部にいた人間としては、会社全体の労務コスト負担はそんなに問題にはならない気がする。というのは、残業代としては支払われてこなかったが、実際にはそれなりの手当がQCサークル活動や創意くふう提案には支払われていたため。また、私のいた大手関連企業では、QCは毎月1回、午後1時〜2時の就業時間内に行われていた。それ以外にも発表会などはあったが、その時には別の手当が支給される仕組みになっていた。
会社として困るのは、これを労働時間に含めなくてはならない場合、36協定超えが頻繁に発生してしまう点だと思う。

労働者にとっては、実質的な労働時間であるのは明らかなので、きちんと扱われることになったのは良いことだと思う。多くの労働者の待遇改善につながったのだから、亡くなられた内野さんもきっと喜んでいてくれることだろう。
この判決によって、日本の労働環境は一歩前進すると思う。


kimmasa1970 at 00:02コメント(0)トラックバック(0) 

2007年12月01日

トヨタ社員過労死訴訟で原告勝訴、不支給処分取り消し命令

 トヨタ自動車(本社・愛知県豊田市)に勤務していた夫が工場内で倒れ、死亡したのは過労が原因として、妻が国を相手取り、労災と認めず、遺族補償給付金を支給しなかった豊田労働基準監督署長の不支給決定などの取り消しを求めた訴訟の判決が30日、名古屋地裁であった。

 多見谷寿郎裁判長は、職場の問題の解決策を発表する「QC(品質管理)サークル活動」などの職場活動も業務に含まれると判断し、労災にあたると認定、不支給決定などの取り消しを命じた。

 訴えていたのは、同社員だった内野健一さん(当時30歳)の妻博子さん(37)(同県安城市)。

 判決によると、内野さんは同社堤工場(豊田市)で生産ラインの品質検査を担当していたが、2002年2月9日午前4時20分ごろ、工場内で倒れ、致死性不整脈で死亡した。博子さんは、同年3月、労災認定を申請したが、労基署は直前1か月間の残業時間を約45時間として、労災を認めなかった。

 国側は、トヨタ自動車が実施していた「QCサークル活動」や「創意くふう提案」「交通安全リーダー」といった活動について、「業務ではない」と主張したが、判決は「事業活動に役立つ性質のもので、業務にあたる」と指摘。そのうえで、直前1か月間の残業時間を106時間45分として、「過重な業務で、疲労を蓄積させた」と判断した。

 豊田労働基準監督署の話「判決内容を検討し、今後の対応を決めたい」

(2007年12月1日1時33分 読売新聞)


経験者としては、QCや改善提案が業務外だという国側の主張は実態を知らなすぎると言わざるを得ない。
こうした活動は製造業では、事業活動に役立つどころか、むしろものすごく重要なことであって、会社側からも実質的に強制されている活動だ。
これらの活動の実績が、評価や昇進に大きく加味されているのは事実だし、これらが自主的活動として始まったという経緯こそあれ、実態は完全に労働の一部と見るべきだ。
トヨタという会社は、ワークライフバランスという点では最低だ。いくらお金がたくさん貰えても、労働者として見た場合、トヨタで働く人は「可哀相」としか言いようがない。
これほどの会社なら、自社の労働者を過労死させないための研究に取り組むことはできると思うのだが。まずそういうところをカイゼンしてもらいたい。

kimmasa1970 at 21:52コメント(0)トラックバック(0) 

2007年03月30日

トヨタグループの主要各社が期間従業員の正社員登用を拡大しているようです。

社名(2007年度の期間工登用予定数)(同2006年実績)
トヨタ自動車(1200)(943)    
デンソー  (450) (190)
アイシン精機(約260)(241)
豊田自動織機(約200)(約200)
トヨタ紡織 (約90) (約80)
トヨタ車体 (増加予定)(68)

トヨタ自動車グループの主要部品メーカー4社の08年春の新卒採用計画が公表されました。いずれも過去10年間で最高水準の積極的な採用規模とする予定とのこと。同時に、期間従業員の正社員登用数を拡大し、生産現場の強化を進めるそうだ。


ただし、これから新たに期間工に入ることを考えている人には注意が必要だ。
自動車業界は、今後3年程の間に団塊世代の大量退職が予定されているため、生産に必要な人員を囲い込もうとしているので、採用拡大は一時的なもののはずで、早めに囲い込みに成功したら、これまでのように採用を減らしてしまうことが予想される。

あと、会社によって、登用試験を受けさせてもらえるまでに必要な期間が異なるので、今の登用拡大の流れに乗りたければ、早く受験できる会社を選ぶべきだろう。
トヨタ自動車と豊田自動織機は、6か月で受験できるが、トヨタは期間工の母数が1万人以上いるので、まだまだ倍率は高い。
デンソーは1年後に受験できる。
アイシンは3年くらいかかるが、ここは古い人から順番に受験していくので、受験までこぎ着ければ倍率は他社ほど高くない。

少なくとも、数年前までは数百人に一人とまでいわれた登用枠だったのが、改善しているのは確かだ。ブログパーツ

kimmasa1970 at 17:24コメント(2)トラックバック(0) 

2007年03月27日

実は今働いている会社は、期間工としては2社目だ。
仮に最初に勤めた会社をA社、今いる会社をB社として話そう。

私が社労士を志した時期は、丁度A社に勤め始めて半年が過ぎた頃だった。
トヨタ系の中でもA社はB社よりもずっとグレードの高い会社で、期間工としての待遇もとてもきっちりしており、誰でも期間工として半年勤務すれば正社員登用試験を受けさせてもらえたのだ。仮に滑っても、また半年働けば再度挑戦できる仕組みだ。

そもそも私が期間工の道に首を突っ込んだのは、30代も半ばになってろくなキャリアも持っていなかったため、就職しようにも他に選択肢が見当たらなかったせいである。そして幸い、期間工の募集には決まり文句のように「正社員登用実績、年間○○○名」などと、正社員への門戸が開かれている旨謳ってあった。

しかも、登用のための1次試験は一般常識の筆記試験と作文だというではないか。
一応、4大卒の私は、周りのヤンキー兄ちゃんたちを見まわして、自分の優位を確信したわけである。
ただし、合格実績は100人受けても10人未満。最初の6か月間、私は市販の問題集を買って、必死に勉強した。

だが、現実は甘くはなかった。
試験はどこかの専門会社が作ったと見られるマークシート方式で、知能検査を含めて半分以上が数学がらみ、しかもかなりレベルが高く計算のケタが多いため、答えまでたどり着くのは至難の業である。その上、問題の分量がベラボウに多い。
正直、出題傾向も分からずにやった試験勉強は。ほとんど役に立たなかった。

開始早々にため息をついて寝始める奴もいて、会場はあきらめムード一色である。
私は最後まで諦めずに取り組んだが、いかんせん、これだけ手ごたえが悪いと気分も沈む。最後の作文では明らかに集中力を欠いて、あわや時間切れになりそうになりながら、適当に締めくくる始末。

これでは不合格でも仕方ないな、と思っていたら、案の定1か月後にその旨の通知が来た。
私も後になって聞いた話だが、どうやらA社はコネのある人間が異常に通りやすいシステムになっているらしい。つまり、筆記試験をやたら難しくして差がつかないようにしておいて、主観的な採点が可能な作文と面接で実際には合否を決定するとしたら・・・・。
表向きは公平に試験を行っているかのように見せておいて、裏ではコネのある奴を登用している。そういう合格者を除いたら、一体どれだけの倍率になるんだ? しかも年齢が増すにつれて採用されにくくなるらしい。そんな噂を聞くと、まともに勉強するのがバカらしくなってしまった。

確かに考えてみれば当然かもしれない。技能職(つまり職人)を採用するのに一般常識がそんなに重視されるはずがない。なのに表向きは公平な試験をやっているかのように見せかけるのは、なるべくみんなにチャンスがあるように思わせるためか?
正社員登用は期間工を集めるために目の前にぶら下げられたニンジンなのか?

この時点で、私の人生計画は振り出しに戻ることになってしまった。
はてさて、自分はこれから何をして生きていけばいいのだろうか?
ブログパーツ

kimmasa1970 at 13:13コメント(0)トラックバック(0) 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索