中村文昭

2009年02月24日

JCの友達に誘われて、中村文昭の講演会に行ってきた。
彼は知る人ぞ知る講演の名人だ。
会場の近くに顧問先の会社があったので、ダメもとで声を掛けてみたら、社員を5人も連れて見に来てくれた。
果たしてお客の気に入るかどうか・・・
中村文昭を知ったのは、以前私がまだプロゼミに通っていた頃に、世話役の社労士さんから「セミナーの勉強になるから聞いてごらん」とCDを渡されたのがきっかけだ。
彼の講演のテーマは3年前と何ら変わっていなかった。
「何のために○○するのか?」
「返事は0.2秒」
「できない理由を言わない」
「頼まれごとは試されごと」
中村文昭の成功哲学は実にシンプルだ。
知っている話を聞いて、感動できるか?
私にはできた。
体中のスイッチが入りまくった。
半信半疑で聞きに来ていたJCの知り合いも、完全にスイッチが入った顔をしていた。
顧問先の社長もさすがに感心していた。
いい催しに誘ってくれてありがとう、と言われた。
中村哲学のひとつ「相手の予測を上回れ」は、見事に実行された。
聞きに来た人みんなの予測を上回る講演だった。

ブログパーツ

kimmasa1970 at 04:01 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索