人脈

2007年12月22日

この半年余りでたまった名刺の数、443枚。
年賀状は大事な人脈のケアだが、どの人脈が大事でどの人脈が無意味で、どの人脈をメールで済ますか? そういうことを考える良い機会だと思う。
名刺のデータと画像は、既に名刺管理ソフトでデータベース化してあるので、いちいち名刺を探したり入力したりという手間はないのだが、ひとつひとつの名刺画像を眺めながら思い出してみると、実際にその名刺が人脈として生きてくることが意外と少ないことに愕然とさせられる。
「去る者日々に疎し」
人間の記憶というものが、自分で思っている以上に速いスピードで失われていくことを実感する。

ただ、そんな中でも、過去に強いつながりを築いた友人とは、たとえ年に一度の年賀状の交換でも、すぐさま暖かい感情が蘇ってくる。

ここから何が分かるか?
大事なのはどれだけ多くの人と知り合うかではない。
半年で記憶から消えていってしまうような人脈がどんなにたくさんあっても無意味だ。
しっかりとお互いの心の中に人間像が定着し、信頼関係ができるレベルまでいかないとダメだということ。それには相性も大事な要素だろう。

出会いを大事にするというのは、誰とでも付き合うということではなく、出会った人の中から、これはという人脈をしっかりと見極めることだ。
モノを整理するのと一緒で、人脈も、「要らないものは捨てる」

ただし、潜伏期間というものがあるので、労力の許す範囲で簡単な人脈ケアをしておくことも有効だ。もしかしたら後で芽が出るかも知れないというレベル。ただこれも、費用対効果で考えるとほとんど無意味なことが多い。メールで十分だろう。


kimmasa1970 at 14:48コメント(2)トラックバック(0) 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索