信頼関係

2008年07月29日

顧問先から電話。
私の作った契約書を税理士に見せたら、何やらチャチャを入れられたらしい。
そのチャチャの内容も、そのお客(経営者の奧さん)は結局理解していないらしく、説明できないので税理士に電話してほしいとのこと。
別におかしな契約書を作ったつもりはないのだが、税理士の言いなりのお客は自分の頭で判断するのが怖いらしい。
結局、税理士に電話しても留守だったので、どういう話か分からなかったが、契約書なんてお互いの信頼関係さえできていれば、大して気にすることでもないと思うのだが・・・。
契約書は、信頼関係が壊れたときのためのもののはず。

それにしても、まだまだ信頼されていないのが良く分かる。
内容も確かめずに税理士の言うことを鵜呑みなんて。
この税理士の給与計算なんか、間違いだらけなんだけどなあ・・・。そんなこと言ったら険悪な雰囲気になりそうなので止めておこう。
まあ、顧問契約して1月や2月ではそんなもんだろう。実力さえあれば、信頼は後から付いてくるはずだから、キッチリ仕事をやるだけだ。

kimmasa1970 at 23:27 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索