基本書

2007年04月07日

さあ、意気揚々と持って帰った真島の基本書と問題集。資格取得に向けてのやる気は十分だ。

試験は8月下旬だから、まだ8か月ある。10科目あるから、1科目3週間で進めば最後に2週間も余るな・・・。
実際に学習されている方は、きっと腹を抱えて笑っておられると思いますが、その時の私はマジでこんな感じでした。テキストを読むまでは。

実際にテキストを開いて頭から読み始める。労働基準法とは・・・・。
う〜ん、なんとなく書いてあることの意味は分かるけど、だから何なんだろう? 
この時点では基本書の本文を読んだだけで、まだ細かい注釈には目を通してはいなかった。
とりあえず、この前インターネットで見つけた過去問題を解いてみることにした。


第36回 択一式試験問題

労働基準法及び労働安全衛生法
[問 1]  労働基準法の総則等に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
A 船員法第1条第1項に規定する船員については労働基準法は適用されず、したがって、同法第1条「労働条件の原則」、第2条「労働条件の決定」等の労働憲章的部分も、当然適用されない。
B 家事使用人と雇主との間に結ばれる家事一般に従事するための契約は、民法上の雇傭契約であると同時に労働基準法が適用される労働契約でもある。
C ある法人企業の代表者が労働基準法第24条の規定に違反して賃金を支払わなかった場合には、法人の代表者の行為は法人の行為として評価されるから、当該賃金不払いについては、当該法人企業に対してのみ罰則が科される。
D 公職に就任することが会社業務の遂行を著しく阻害するおそれのある場合においては、公職の就任を使用者の承認にかからしめ、その承認を得ずして公職に就任した者を懲戒解雇に付する旨の就業規則の条項を適用して従業員を懲戒解雇に付することも許されるとするのが最高裁の判例である。
E 労働基準法第15条に基づいて明示すべき労働条件の範囲は、同法第1条「労働条件の原則」及び第2条「労働条件の決定」でいう労働条件の範囲とは異なる。

正解 E


正直言って、テキストの本文を一通り読んだ後でもなぜEが正解なのか理解できなかった。
受験経験者なら分かると思うが、社労士試験の労働基準法は、条文そのまんまで出題されることはほとんどなく、条文を基にした判例、通達といった細かい内容が扱われることが多いのである。
そして、私が頼みにした真島の基本書では、このような細かい内容に関してはすべてを掲載しているわけではなく、重要な部分のみを注釈の部分で扱っているようなのだ。
だから、基本書の本文だけを読むのはさほど難解には思わなかったものの、それだけではすべての過去問題を解くことができる知識が手に入るわけではない、ということだ。
どうやら過去問には過去問専用の解説付き問題集が必要らしい。

実は私の買った「真島のかんぺき社労士」は過去問題集ではなく、一問一答式の弱点補強用の問題集だった。

仕方がない。私は、翌日、再度書店に足を運び、先日目にした過去問題集を買ってきた。
「小野純の私が教える社労士 労働法編・過去問題集」
「鈴木保代の私が教える社労士 社会保険編・過去問題集」

これでようやく実際の本試験問題の解法にたどり着ける。そう思って、解説を読み始めたが、これがなかなかもって難解だった。
解説はあるのだが、掲載スペースの都合か、「法××条により誤り」としか書いてないものもある。そういう場合は基本書の該当ページを探すのだが、それがまたひと苦労。
基本書と過去問題集を何度も行ったり来たりして、さらにインターネットで関連記事を検索したりしてようやくひとつの肢が理解できるといった感じだ。1問5肢を理解するのに1時間以上かかった。

とにかく、受験勉強に必要な、知識による過去問題へのアプローチの仕方が全然掴めない。
それでもこれは最初だから苦労するんだと自分に言い聞かせて基本書を読み進め、一週間ほどで労働基準法を読み終わり、労働安全衛生法へと進んでいった。ただし、この時点では内容を理解したというにはほど遠く、単に読んだだけの状態である。
(つづく)


kimmasa1970 at 17:36コメント(0)トラックバック(0) 
先にお断りしておくが、話がまわりくどくなるのが嫌なので、実際の書名を挙げることをお許しいただきたい。これは根も葉もない中傷ではなく、実際に使ってみた感想なので、そのように捉えてほしい。
私と違う学習の仕方をされる人には、私が使いづらいと感じたテキストでも十分に用が足りるかもしれない。また、ここでの情報は平成17年度試験向けの書籍についてのことだということもお断りしておく。現在の内容とは必ずしも一致しないかもしれない。

閑話休題。
近所の書店にも各種資格受験コーナーというのがあって、社労士向けの本が幅1メートルほどの本棚に約1段分あった。その中でも、受験勉強の柱となる、いわゆる基本書は2冊しかなかった。
「真島のわかる社労士」
「ナンバーワン社労士必修テキスト」
どちらも一冊本で、社労士の受験科目10科目がすべてこの中に入っている。本の帯には「これ1冊で合格可能!」といった文句が書かれており、とにかく知識のインプットはこれで間に合いそうだ。

さて、どちらにするか?(たった2冊の候補の中から選んでしまうなんて、今から思えば「お前アホか!」と言いたくなるが、初学者なんてそんなもんだ。最初はできるだけ安くあげようとしか思ってなかったりする)
「真島の〜」は2色刷りで、本文の文字が大きめで、欄外に小さな文字で注釈が付いている。
「ナンバーワン〜」は単色で、四角囲みの中に条文らしきものが書いてあり、その下にその説明書きがしてあった。
結局、私は「真島の〜」の方を購入した。
この時の選択基準は、なるべく分かりやすそうなものにしようということだった。「ナンバーワン〜」の条文そのまんまは、初学者の私には拒否反応があった。
それに、ぱっと見たイメージも「真島の〜」の2色刷りの方が、「分かりやすそう」に見える。それに昨日見た、ホームページでも、この本を使って学習したと書いてあったし・・・。
決定的だったのは、「真島の〜」の前書きに魅かれたことだった。

何でも、真島さんは、「理解式学習法」というのを提唱されていて、それについて本まで出しているらしい。そして、社労士の受験勉強では暗記よりも理解することの方がずっと効率がいいということがその前書きで書かれていたのだ。

誰でもそうかもしれないが、私は暗記が大の苦手で、大学受験も文系の私立を受ける時でも、英・国・社ではなく、英・国・数で受けていたくらいだ。

そんなわけで、私は「真島のわかる社労士(基本書)」を購入した。
次は問題集だ。アウトプット学習には問題集が必携だということくらいはその時の私にも分かっていた。
その書店に置いてあったのは、
「真島のかんぺき社労士」
「小野純の私が教える社労士 労働法編・過去問題集」
「鈴木保代の私が教える社労士 社会保険編・過去問題集」
この3冊だけである。すでに「理解式学習法」というキーワードによって、真島信者となっていた私は、当然、「真島のかんぺき社労士」を購入した。同じ人が書いた問題集なら、学習もしやすいと思ったのもあるし、「私が教える〜」シリーズは、労働と社会の2冊に分かれているため、コストがその分かさんでしまうという理由もあった。

私は基本書と問題集、それぞれ1冊ずつを自転車のカゴに入れ、意気揚々と帰宅の途に就いた。
「よし、これで準備はバッチリだ。得意の勉強がんばるぞ! 真島さん、よろしくお願いします!」


kimmasa1970 at 15:09コメント(0)トラックバック(0) 

2007年04月03日

今から思えば、社労士の道を志したことにはっきりした理由はないというのが実際のとこかもしれない。
生まれてこのかた、総務の仕事をしたいと思ったこともないし、法律に興味があったわけでもない。
だから、多分、今のように家族を背負っていなかったら、社労士を取ろうとは思わなかったと思う。なんとかしなくちゃ、というだけの焦りから、とりあえずどんなもんか分らんけどやってみよう、そんな感じだった。
実際には司法書士でも、行政書士でも良かったのだ。
キャリアがない分を勉強で補うことさえできれば、もうちっとましな生活ができると思っただけだ。

不思議なことに資格のガイドブックを見る前から、なんとなく社労士にしようと思っていた。
昔勤めていたホテルで、社労士の研修会がよく開かれていたせいかもしれない。ただ、この時は社労士が何をする資格なのかさえ知らなかった。
また、別のホテルで退職勧奨を受けた(要は会社から辞めてくれと言われたのだ)時に、離職票の理由欄に「退職干渉を受けた」と書いて出したら、そのホテルの顧問社労士から、「干渉ではなく勧奨なので書きなおしてほしい」と上司を通じて指示されたことがあった。苦笑いしながら訂正したが、この時にもなんとなく、社労士って儲かるのかな?などと考えていた記憶がある。

そんなわけだから、挑戦すると決めた後も、いきなり猛勉強ということにはならなかった。
自分が本当に社労士を取るのかどうか、自分でも半信半疑のままのスタートだった。

まずはインターネットで過去問題を見つけたので、ダウンロードしてみた。
http://homepage2.nifty.com/~hioki/srkakomon.htm

労働基準法くらいは聞いたことがある。中学の公民の授業で、法定労働時間は8時間とか、その程度だ。
試しに労働基準法の過去問題をやってみた。だが、問題を解こうにも、まず言葉の意味が分らない。所定労働時間って何だ? 法定労働時間とどう違うんだ? 労働委員会? 労使委員会? 労使協定?????

正直言って、何をどう勉強すればいいのかすら見当もつかない。
とりあえず、困った時はインターネットだ。
検索していくと、3年も4年もかかって合格した人の体験記が見つかった。
ふむふむ、テキストは書店で売っているんだな。あと、問題集も必要だな。
要はあの択一と選択を正しく選ぶことができればいいんだろ。
体験記には、壮絶な猛勉強の様子が迫力満点で書かれていた。
「正しく選ぶ」だけの試験なのに、ずいぶんと苦労してるんだな。何がそんなに難しいんだろう?
いまいち実感がわかなかったが、テキストとやらを読めば、さっきの過去問題の答えが書いてあるんだろうから、一度テキストを立ち読みでもしてみるか。
(つづく)


kimmasa1970 at 22:22コメント(0)トラックバック(0) 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索