期間工

2008年01月02日

2008年1月1日から中国で労働契約法が施行された。
この法律の特徴は、労働者の安定雇用を企業に対し強く求めているところ。
有期労働契約の更新は実質一回しか許されず、3度目は有期契約ではなく期間の定めのない契約(いわゆる正社員としての契約)しか結べなくなる。

例えば私は過去に期間工をやっていた頃、3ヶ月ごとに契約更新をしていたが、そういうやり方だと7ヶ月目にはもう正社員として会社は迎え入れなくてはならなくなってしまう。

つまり、今後中国では期間工のような形の有期労働契約はかなり制限されることになる。
これが企業にとっていかにやりづらいことかは、日系企業の中国支社での人事制度の動きを見るとよく分かる。
〕期労働契約の長期間化。これまでせいぜい1年契約であったところを3〜5年契約に変更する企業が続出している。
∨楹陛な成果主義の人事制度を導入する企業が出てきた。

,論擬勸化を出来る限り遅らせようという意図だろう。これまでは、1年程度の契約で、好きな時に人を切ることができたが、そのままだと今度からは3年目には正社員にしなくてはならなくなる。それを3年契約にしておけば、6年間も非正社員として使うことができる。

△砲弔い討蓮△匹Δ残垢い海噺曚Δ里覆蕁必死になって働いて貰いたいというところか。社員同士を成果主義という名の競争に晒し、目標管理をして、出来る限り会社に貢献させる。これは今まで日本企業が正社員に対して行ってきたことと同じだ。

中国政府としては、これ以上ワーキングプアを生まないような労働管理を企業に強制し、企業側はできるだけ雇用が会社の重荷にならないようにするための方策を採った。

私の感想としては、アメリカや日本のような人を使い捨てにするやり方と比べると、中国のやり方の方が人は育つと思うし、労働者の企業に対する帰属意識も高まる気がする。
人間というものは、自由競争に晒すだけで努力して育つかというと、そうでもないと思う。長期的に雇用されて継続的に教育を受けたり経験を積んだりした方が、高い能力を身に付けられる可能性は高いのではないだろうか。

WASPのような人たちの既得権を守るためには、意図的に国の中に格差を作って、どうやっても這い上がれない層を作り、自分たちの子孫には高い教育を受けさせる方が富も貧困も再生産される。

アメリカ式が勝つか、中国やヨーロッパのような民主的な雇用管理が勝つか、時間が経ってみないと結果は出ないが、日本の場合、ワーキングプアが少子化を一層加速させているのは事実だ。

kimmasa1970 at 00:32コメント(0)トラックバック(0) 

2007年09月16日

2年目の学習の滑り出しは上々だった。
信頼できる教材も揃って、しかも8月末の本試験終了直後からすぐに迷い無く勉強に取りかかることができた。1月から手探りの状態で学習を始めた1年目と比べると、学習のスタートは4ヶ月早く、教材は誤植や誤記がなく、疑問点は電話で解決できるし、さらに1年目の下積み知識の上に学習するので、いろいろな点で進みが早かった。
逆に言えば、1年目からこのように整った環境で学習ができていれば、一発合格も夢ではなかったかもしれない。

ただ、そんな中でも悩みはあった。
仕事の勤務時間が長いせいで、ほとんど休みの日にしかまとまった勉強時間が確保できなかったのだが、その貴重な休みが月に2回も3回も休日出勤で潰されてしまうのだ。
その頃の鋳造部は、生産設備の増強のまっただ中で、作っても作ってもモノが足りない状況。24時間設備を稼働していっぱいいっぱいの状態で回しているので、少しでも機械が故障するとすぐ休出になってしまう。36協定は1ヶ月45時間だったが、特別条項の発動がほぼすべての社員が5〜6回に及ぶ。

そういう状況で働いてみて分かったが、やはり人間は機械ではないということ。1回の休出は、単純に1日の休みが潰れるだけでは済まないのだ。
本来なら体を休めるべき日に、さらに12時間も労働すると、その分は必ず他の日に影響する。つまり、集中して学習できるはずの別の休日が、疲労のために潰されてしまうことになるのだ。さらに体が参って、体調を崩すと大幅に勉強は遅れるし、会社を休まなくてはならない状態になったことも何度もあった。

そんなこんなで、その会社で働き始めて3ヶ月ほど過ぎたあたりで、さすがに学習の方が心配になりはじめた。

ところで入社して配属されるとすぐに、現場の職長との面談があるのだが、私はそこで正社員登用希望と言ってあった(実は大して登用してくれるわけでもないのに、現場責任者はこの点をかなり重視する。正社員希望者はマジメでやる気があるとみなされるのだ)。ただし、社労士の試験勉強をしていることも同時に伝えていた。要は本気で社労士を目指しているということはひた隠しにして、単なる資格マニアを装っていたのだ。
この戦略は今でも決して間違ってなかったと思っているが、それでもなかなか休出を断るのには苦労した。毎月頭に出勤表が張り出されるのだが、そこには当たり前のように休出のハンコがダダダダーッと押されている。まさに休出するのが当たり前という雰囲気。そして断る方が頭を下げなくてはならないのだ。
ちなみに1社目の(期間工をやった)会社では、休出を頼むときにはひとり一人に確認を取って、上司の方から頼みに来たものだった。
まあ、そんなことを言っていても仕方ないので、私はここで徹底的に下手に出て、必死に職長に頭を下げまくって、休出を勘弁してもらうようにした。心の中では、権利は自分にあるということを知りつつも、それは前面に出すことなく、ひたすら上司の感情に訴え続けた。粘り強く、ネチッこく面従腹背の労使協調路線だ。それでも全てを断ることはできず、月に1〜2回は休出せざるを得なかった。

kimmasa1970 at 20:35コメント(1)トラックバック(1) 

2007年08月28日

本年度の経済財政白書では、正社員と非正社員の賃金格差拡大を指摘している。
今や労働者の3分の1は非正規雇用。

先に触れた「格差社会ニッポンで働くということ」(熊沢誠著)でも取り上げられているように、際限ない労働条件の切り下げを防ぐには、労働者側が団結するのが一番効果的だ。

だが、現在の日本の労働組合は当然、正社員の既得権保護の方向へ向かいがち。
実際、期間工が労働組合に入っているという話は聞いたことがなかった。

非正規雇用の労働者が団結しにくいのは、既存の労働組合が入れてくれないことだけが理由ではない。
日本では企業内労働組合が大多数を占め、職業別、もしくは産業別の企業横断的な労働組合が育ってこなかったせいもある。
いくつもの企業を渡り歩く非正社員にとっては、ヨーロッパのように企業横断的な労働組合がどうしても必要だ。

想像してみよう。例えば自動車産業の期間工全体で労働組合を作ってみたらどうなるか? これらの期間工がストを武器に交渉すれば、同一労働同一賃金とはほど遠い、現在の期間工の労働条件を劇的に改善できる可能性は十分あるのではないだろうか?

ところで正社員の皆さんは、そんなことをされたら自分たちの既得権はどうなるんだ?と思うかもしれない。
実は、非正社員の賃金と正社員の賃金の格差が広がれば広がるほど、企業は非正社員の比率を引き上げにかかるはずなので、正社員がリストラされる危険も増えるはず。
逆に言えば、期間工が労働組合を作って待遇改善を成し遂げると、正社員の忠誠心を犠牲にしてまでリストラするメリットもなくなるはずだ。

ネットカフェ難民の皆さんも、インターネットだけは使える環境なのだから、最初はサークル感覚でコミュニティを作って、徐々に本格的な労働組合に育てていくこともできるのではないだろうか? ネットで育った巨大な労働組合が、大手自動車会社をギャフンと言わせる日が来るとしたら、なかなか痛快だ!
ブログパーツ

kimmasa1970 at 23:11コメント(1)トラックバック(2) 

2007年07月26日

前述の本の受け売りだが、日本の経済政策と労働政策は基本的にアメリカのやり方を真似ている。これを本の中では「新自由主義」と紹介していた。
一方、EU諸国に代表される福祉国家を目指すやり方を「社会民主主義」というらしい。

1986年の時点で所得税の階層は15段階あり、その最高税率は70%だった。
1999年には4段階、最高税率37%となった。
http://www.tokyo-syahokyo.net/data/2005y/gazou/sh_panf251117-14.pdf
(参考データ)


このあたり、金持ちの税率は下げているけれど、所得300万円以下の階層の税率はほぼ10%であったので、なんとなく許されてしまった感があるが、実は高所得階層から減税した分の財源は、あの消費税から賄われている。

つまり、中曽根・レーガン〜小泉・ブッシュと続いてきた日米の蜜月時代は、庶民をワーキングプアに陥れ、金持ちからはあまり税を取らない世の中を日本にもたらしたというわけだ。まるで彼らが時代劇の悪代官みたいに見えてくるのは私だけではあるまい。

ところで、「新自由主義」の自由とは、自由競争のことを指している。
「勝ち組は大いに楽しめ! 負け組は奴隷になって飢え死にしても構わん!」
彼らはどうして自由競争させたがるのだろうか?
私の想像だが、彼らは国と国との競争に負けたくないんじゃないだろうか?
つまり自国の国民が不幸だろうが貧しかろうが、他国との戦争(経済的な勝ち負けも含む)に勝ちたいのでは?
そのためには自国の企業の国際競争力は何よりも大事だし、国民には過労死寸前まで必死に働いてもらいたい。
オンリーワンよりナンバーワンでいたいという思想。

多分、小泉さんなんか、少子高齢化社会のことなんて、あまりまじめに考えていなかったんじゃないだろうか?
建設族議員をうまく悪者に仕立てて、公務員みたいに比較的恵まれた層を締め付けることで庶民の政権に対する不満をうまくかわして、郵政も「自由競争化」してしまった。

でも、さすがにもう誰の目にも日本がヤバイことになっているのは分かるようになってきた。自民党から勝ち逃げする人が続出する日はそう遠くない気がする(選挙も近いし・・・)。
日本人もいい加減に政治家の舞台演出に騙されるのをやめて、自分たちの国を自分たちで良くしていこうとしないと。これからの少子高齢化社会は、今よりもっと辛くて暗い世の中になるぞ・・・。ブログパーツ

kimmasa1970 at 23:27コメント(1)トラックバック(1) 

2007年07月19日

あっさりとまともな再就職をあきらめた私は、てっとり早く期間工の募集をチェックすることにした。
この三河地方で期間工の募集をしている会社はかなりある。
待遇はトヨタ自動車がやはり一番良い。日給こそ9000円程度だが、その他の手当を合わせるとかなりの額になる。さらに人が足りない時期には特別手当が入社時に10万円もらえたりもする。
ただし、入る時の審査も実は厳しい。体の丈夫そうな奴で若くないと落とされてしまう。実際私も一番最初に受けてみてダメだった。

その他にもたくさんの下請けメーカーが募集しているが、条件はトヨタ自動車ほどではない。
私はひとまず大手部品メーカーのひとつを受けてみた。
期間工の応募は実に簡単だ。
まず、事前の書類審査などはない。チラシは新聞に毎日のように入っており、そこに毎日開催している面接場所が載っている。
チラシに載っている電話番号に掛けると、こちらの名前も聞かずに履歴書を持って指定された場所に時間までに来るように言われるだけ。
私が訪問した日も20人くらいの応募者がいた。スーツを着ている人も何人かいたが、ほとんどの人はカジュアルな服装だ。私もそのことは知っていたのでわざわざスーツなんか着ない。

最初に20分程度、簡単に説明を聞き、その後は順番に質問されていく。ひとりひとりを別室に呼ぶでもなく、みんなが見ているその場で面接される。
私は正直に社労士受験のために前の会社を辞めたこと、できれば残業の少ない部署への配属を希望することなどを述べた。
順番に面接が終わると、今度は実技試験だ。
面接官がトランプを出して、スピードのようなゲームをやらせ、ストップウォッチで時間を計る。手先の器用さと頭の回転の速さを見るらしい。
実技試験が終わった人から帰って良し。全部で2時間もかからなかった。

そして約1週間後に郵送で結果が届く。その時に健康診断の案内が入っていれば採用だ。ちなみに私は不採用だった。
おそらく残業の少ない部署を希望したことが引っかかったものと思われる。
仕方がないのですぐさま別の部品メーカーに応募してみた。

今度は前回の失敗に懲りて余計なことは言わなかった。
むしろ体力には自信があるとか書いておいた。
この会社にも12、3人の応募者が来ていた。
先にボルトにナットを付けたり外したりする実技試験をやり、その後順番にパテーションで仕切られたブースに呼ばれて面接があった。

そして一週間後、見事合格通知が来た。
出社は10月頭から。
決まってみるとずいぶんあっけないものだ。まともに就職活動を始めてからわずか2週間しか掛からなかった。
ブログパーツ

kimmasa1970 at 22:51コメント(0)トラックバック(0) 

2007年07月12日

さて、一度目の本試験が失敗に終わって、今後どうするか?

前の会社は6月いっぱいで辞めているので、10月途中までは失業保険が出る。

ただ、元々勉強に専念するために会社を辞めたのだから、本試験が終わってしまった以上、さっさと働き始めなくてはならない。

9月の失業認定日、私は職安で初めてまじめに職業相談をした。

社労士資格取得を目指していること。できれば社労士事務所で働きたいこと。さもなくば、人事労務関係の仕事に就きたいことなどを職安の担当者に話してみたが、あまり親身になって聞いてはくれない。

35歳にもなって、これといったキャリアも持っていないような人間は、事務系では雇ってもらえないというのが、その担当者の意見だった。社労士事務所の募集もなくはないが、給料は安いしあまり勧められないらしい。

それでは、一体どんな仕事なら雇ってもらえるのか? 

「また期間工でもやれば?」

これを職業相談と言うのだろうか?

まあ、相談員といっても、要は税金で食わしてもらっている公務員である。

他人の面倒など知ったこっちゃないというのが本音だろう。

こっちも元々サラリーマンになることは既に諦めているので、痛くも痒くもない。

実際、来年合格したら、さっさと開業するつもりだったので、採用手続きの簡単な期間工は悪くない。辞める時も辞めやすいし。

下手に正社員になって、辞めづらくなっては計画通りにいかなくなる恐れがある。

というわけで、私は再度期間工の職を探すことにした。ブログパーツ

kimmasa1970 at 19:55コメント(0)トラックバック(0) 

2007年06月18日

今日をもって、期間工の仕事とはおさらばすることとなった。
本日より、月末までは、有休消化期間だ。1年半以上在籍したので、有休はトータル21日間の権利を得たが、これまでに11日使ったので、これから丸々2週間はお休みである。

終わってみてつくづく思うが、実にきつい仕事だった。
特に辛いのは帰って寝るだけの長時間労働と、体調不良との戦いである夜勤だ。
正直、若くない私には、かなり無理があった。
ライフワークバランスを崩されると、まさに時間を金で売る生活になってしまい、何も考える時間を取れなくなってしまう。
それが延々と続けば、うつ病くらい簡単に発生するだろう。
実際私の所属していた現場でも、30人くらいの職場で過去2年ほどの間に2人うつ病に罹った人がいた。うち1人は半年後に復帰して毎日定時退社で働いているが、もう1人は2年経っても復帰していないので、労災認定を受けていないとしたら、既に退職した可能性が高い。


会社を辞めた理由は、もちろん社労士として開業するためだ。
結構な会社で結構な待遇で働いている人にとっては、社労士として独立開業するのは、かなりリスキーな選択になると思うが、元々期間工という身分だった私は、ほとんど考える余地もなかった。

ただし、本格的に営業できるのは事務指定講習が終わる9月以降になる。
それまでの間は準備期間。
だからといって営業しないわけではない。
社労士法に違反するって?
大丈夫。お金を貰わなければいいのだから。

ブログパーツ

kimmasa1970 at 15:51コメント(0)トラックバック(0) 

2007年06月02日

実は今日、職場の上司から大変なことを聞いてしまった。

なんと、この会社(トヨタ系大手部品メーカー、独自に健保組合保有)では、

期間工は健康保険の任意継続ができない

というのだ。

まあ、私が社労士資格を持っていることをこの人が知っていたら、もう少し慎重に話をするのだろうが・・・。

残念ながら、製造業の現場担当者なんてこんなもんである。
政管健保ですら任意継続ができるというのに、それ以上の待遇を約束した健保組合でできないわけがなかろう。
しかも、期間工だけ除外とは。同じように保険料を負担させておいて、一方的に不利益を押し付けるなんて許されるはずがない。

一応その場はやんわりと、もう一度事実を確認するように言っておいたが、もし今度そんなことを言ってきたら、総務の責任者を叱りつけてやらねばなるまい。

逆に言えばそれだけ世間の人たちは何も知らないということだ。
この分なら社労士業は安泰かな。ブログパーツ

kimmasa1970 at 23:11コメント(0)トラックバック(0) 

2007年05月13日

平成17年7月1日、私は晴れて無職の社労士受験生となった。

今日からは汗だくで働かなくていい。

毎日、朝から晩まで勉強して、これまでの遅れを取り戻し、なんとかして今年の試験に合格するのだ。

生活費は失業保険で賄える。

試験日は8月28日。

現時点での学習進捗状況は、労基、安衛、労災、雇用、徴収、労一、健保までのインプットが終わったところ。アウトプットは過去問を一回まわした程度。

絶望的に遅れているが、今日からは毎日が勉強DAYだ。取り戻してみせる!


まずは模試を受けることにした。7月第3週にTAC、第4週にLEC。
この模試までの間に、なんとかインプットを全科目終わらせる。

朝9時から午後7時まで、図書館の自習室に籠る。
図書館が休みの月曜日はマクドナルドでひたすら勉強。

ところがショッキングな出来事が・・・
雇用保険の手続きで職安に行ったとき、自分が7日間であるはずの待期の期間を3日間と勘違いしていることに気づいたのだ。

ヤバイ…。こんなことすら忘れているなんて。
インプットすればするほど、前に学習した内容を忘れていっている。
だが、1回転目のインプット学習すら終わっていない段階では、戻って復讐する時間はない。
一体どうすればいいのか?ブログパーツ

kimmasa1970 at 18:15コメント(0)トラックバック(1) 

2007年04月29日

さて、このままでは本試験に間に合わないという事態に気付いた私は、スケジュールを組み直すしかなかった。

1月のスタート時点でも各科目ごとのスケジュールを大雑把に組んではいた。が、その時点ではまだ教材も学習方法も確定しておらず、手探りで取り組んでいくうちに予定はズレズレになり、ゴールデンウィークまで来てしまったというのが実情だ。
しかもこの後に残っている科目は年金をはじめ、初学者が苦戦しそうなものが多い。
今のペースで学習を続けても、本試験に合格するどころか、1回転目の学習さえ完了しないかもしれない。

ここで一番簡単なのは、来年に持ち越すという選択肢である。
正直、現在の状況ではそれが最も合理的だということは分かっていた。しかし、社労士受験というものは2年計画が素直に通用するほど甘いものではないということも、受験掲示板やメーリングリストなどの情報から察していた。人間の志というものは、そう何年も持続できるものではない。やろう、と決めた日から、全速力で走り抜けなければ、目的を達成する前にモチベーションが下がってしまうかもしれない。そうなって、何年も受験を繰り返している人が大勢いるらしいのだ。
だから結果的に1年目がダメでもいいから、なんとか合格を目指して最大限できるところまでやってみようというのが、私の結論だった。

スケジュールを練り直すといっても、できもしない計画を立てたところで、結果は変えられない。
短期間で学習を進めるためには、やはり時間を増やすしかない。
だが、これまでも勉強できる時間は極力勉強に費やしてきたつもりだ。そんな状況の中で勉強時間を増やすにはどうすればいいのか?


・・・・仕方がない。ブログパーツ


・・・・・私は会社を辞めることにした。


会社といっても、期間工である。何も失うものはない。
そして幸い、契約期間の満期が6月末に迫っていた。
生活は雇用保険の失業手当で何とかなる。ありがたいことに、正社員と違って期間工は有期労働契約のため、期間満了で退社した場合には、3か月の給付制限を受けずに、すぐに失業手当がもらえるのだ。
早速、妻にもそのことを話したが、生活の心配がないということで納得してくれた。
あとは、7月、8月の2ヶ月間のラストスパートに賭けるのみだ。

こうして私の社労士受験後半戦がスタートした。



kimmasa1970 at 18:46コメント(0)トラックバック(0) 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索