期間従業員

2007年10月04日

10月から中日新聞に代えて日経をとっている。圧倒的にビジネスマンの視点で書かれているというのが、この新聞の良いところだ。

トヨタ自動車労働組合が国内工場で働く約9000人の期間従業員を順次、組合員として受け入れる方針を固めた。2008年夏までに2000〜3000人を受け入れる予定。
すでに国内流通業界では大手スーパーなどがパートの組合員化に取り組んでおり、非正社員の賃金や待遇について企業側と交渉する流れができつつある。同様に大量の非正社員を抱える製造業でも、待遇改善の動きが加速するものと見られる。


さて、元期間工としてこの記事についてどう思うか?
また、社労士としてこの記事をどう捉えるか?

現場の経験から言わせて貰えば、仮に期間工であっても、労働の内容は正社員と何ら変わりはないので、同一労働同一賃金がこれで達成されるとは到底思えないというのが正直なところ。

つまり、組合費は確実に取られるけれど、実際にどの程度待遇改善がなされるかは疑問だということだ。
元々正社員だけの労働組合であったものが、正社員の賃金切り下げをしてまで期間工の待遇改善を要求してくれるとは到底思えない。

だとすれば、この動きの狙いは何か?
企業側は、非正社員同士で団結されることを一番恐れているはずだ。でも、格差問題がこれだけ世間で騒がれれば、放置できない。だったら、非正社員が過激なユニオンを作る前に、正社員の労働組合に吸収してしまった方が操りやすくなる。しかも待遇改善してますよ、という姿勢はアピールできる。
さすがトヨタ! うまいやり方だ。

会社全体として見れば、このままだと非正社員の人件費は上がってしまう。
でも、この数年で団塊世代が次々に退職するため、再雇用したとしても大幅に賃金は切り下げられる。それを非正社員の待遇改善に回せばすむ。逆にそうしないと、人手が確保できなくなる。
さすがトヨタ! うまいやり方だ。


kimmasa1970 at 12:06コメント(1)トラックバック(1) 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索