社会保険労務士

2008年02月25日

躍進職業から見た社会経済の変化(社会実情データ図録より)によれば、1970年〜1975年の公認会計士の増加率は全職業中2位の38.3%増。1975年〜1980年の税理士・公認会計士の増加率は5位の26.6%。
そして、2000年〜2005年の経営専門職業従事者(税理士・社会保険労務士等)の増加率は3位の23.7%。

また、総務省統計局の統計でわかるわが町わが社会によれば、1995年〜2000年の経営専門職業従事者の増加率は、東京都特別区部で、1位の81%。大阪市では2位の53.9%。名古屋市で2位の72.5%。
ちなみに東京の2位と大阪、名古屋の1位は共に家庭生活支援サービス職業従事者(つまり介護)。

税理士に関しては5科目合格者数は毎年1000人前後で安定しているが、社労士の合格者数は、平成4年頃から増え始め、ここ5年ほどは4000〜5000人合格している。
合格した社労士が皆開業するわけではないので、一概には言えないが、社労士の増加が経営専門職業従事者の増加に影響している部分はかなり大きそうだ。

今後の高齢化社会においては、ワークライフバランスを抜きにしては社会そのものが成り立たなくなるので、労務管理の専門家としての社労士の必要性は上がってゆくと私は思っている。
ただし、そうなるとこれまでのような1,2号業務中心のビジネスモデルから、3号業務である人事労務コンサルタントとしてのビジネスモデルへと変化していくはずだ。

CO2の増加による地球温暖化が顕著になるまでは、エコビジネスが成立するなんて誰も想像しなかったと思う。同じようにワークライフバランスも、現状ではまだまだ認知度の低い思想だが、少子高齢化という時代の波が一気に新しい考え方を運んでくる可能性はある。

私がこのデータから読み取ったのは、社員と会社が共存共栄していくための知恵を提供することを、社労士という職業に求められているということだ。

だとすると、やはり今後は3号業務中心か!?
個人的にはそっちの方が好きなのだが・・・。

kimmasa1970 at 09:31 

2007年09月08日

今日は事務指定講習最終日。

なんとなく仲良くなった人もいたような、いないような、そんな中途半端な雰囲気でこの3日間過ごしてきたので、思い切って懇親会参加者募集のチラシを作って回してみた。すると、なんと30人近くの人が集まってくれ、予想外の大盛況で、とても楽しい時間を過ごすことができた。

参加してくれた皆さん、一緒に幹事をやってくれた名古屋プロゼミ1期生のBさん、本当にありがとうございました。
金なしコネなし、扶養家族ありの3重苦の中で10月から開業しますが、果たしてどうなるか楽しみに見守ってくださいね〜


kimmasa1970 at 00:17コメント(0)トラックバック(0) 

2007年06月21日

本試験当日は早めに家を出て、会場の名城大学へと向かった。
目的地に近付くにつれて、受験生らしき人影が目立つようになる。
地下鉄の階段を上ると、会場までの歩道は受験予備校のチラシ配りの人で埋め尽くされていた。
そして会場へと続く受験生の列、列、列・・・。

何だか自分がとても場違いな所へ来てしまった気がした。
受験生はもちろん、それを支える予備校の人たちも皆、真剣だ。まさにここは勝負の場所。

年金科目の全体像すら把握できていない状態で、こんな所へ来るなんて、ちょっと失礼じゃないのか?

そう思うと不思議とリラックスできた。
受験番号を確認して会場に到着した。
落ち着いて周りを観察するとなかなか面白い。必死の形相でテキストを読みふける人もいれば、落ち着いて瞑想する人、寝ている人。
試験官も色々なタイプがいる。アカ抜けない感じのおっさん、まだ20代の茶髪のお兄ちゃん、女性は地味な人が多い気がした。あんな兄ちゃんでも試験に受かれば社労士なんだと思うと不思議な気分だ。

試験官のくどいくらいの注意事項の説明の後、選択式試験が始まった。

いつものように労基から解き始める。
ところが、これが難しい。20分ほど考えたが、自信のある答えが3つ埋まらない。
仕方ないので飛ばして進む。
他の科目はおおむね回答できた。
ちょっと迷ったのは労一の右向きと上向きくらい。これも文脈から判断して右向きと決めた。この辺はまるで国語の問題を解いているようだ。
残った時間は30分。再度全科目の解答の自信度をチェックして、労基以外は安全圏であることを確認して、労基に再挑戦。
結局、自信のある答えは見つからず、迷いに迷って終了直前に祈るようにマークした。

昼休み、出がけにコンビニで買ったサンドイッチを食べながら横断集を読むが、あまり頭には入らない。答え合わせはしないほうがいいと聞いていたので、午前の試験のことは考えないようにする。

テキストやら問題集、ノート、横断集など、随分と持ち込んでいたが、結局ほとんど使わないまま午後の択一がスタート。

国年から解き始めるが、調子が良くない。
どの問も自信を持って回答できるものがない。
結局、30分以上かかって無理やり答えを選んで厚年にかかる。
これもまた難しい。基金のことなんてほとんど覚えていないので、山勘で解き進む。
自分の知っている知識だけを頼りに、少しでもそれに反するような肢は×にした。
厚年も30分以上かかった。

ここまできて、時間が足りなくなることを予感したため、比較的理解できてそうな労災、雇用を先にやることにする。
その後、常識、健保が終わった頃には残り時間が20分を切っていた。
長文の労基を残してたった20分!?
完全にヤケクソで回答していく。
ほとんど考えず、頭から読んでいって答えらしき肢が見つかったところで後の肢は読まずに次へ進む。

あっという間の3時間半だった。

模試の時と同じで、時間配分もうまくいかなかったし、ほとんど自信を持って回答できたとは言えないけれど、最後まで諦めずにやり抜いた満足感があった。

ただ、あんなに一生懸命勉強してきたのに、本試験に間に合わなかったことが悔しかった。絶対に来年は合格してやる、帰り道でそう誓った。

帰ってから、受験会場にハンカチを忘れてきたことに気付いた。交通費と所要時間を考えると取りに行くわけにもいかないので、諦めることにした。

ただ、忘れ物はもうひとつあった。
それは決して諦められないものだ。
来年必ず持って帰る。
合格という忘れ物を!
ブログパーツ

kimmasa1970 at 13:51コメント(1)トラックバック(1) 

2007年06月18日

今日をもって、期間工の仕事とはおさらばすることとなった。
本日より、月末までは、有休消化期間だ。1年半以上在籍したので、有休はトータル21日間の権利を得たが、これまでに11日使ったので、これから丸々2週間はお休みである。

終わってみてつくづく思うが、実にきつい仕事だった。
特に辛いのは帰って寝るだけの長時間労働と、体調不良との戦いである夜勤だ。
正直、若くない私には、かなり無理があった。
ライフワークバランスを崩されると、まさに時間を金で売る生活になってしまい、何も考える時間を取れなくなってしまう。
それが延々と続けば、うつ病くらい簡単に発生するだろう。
実際私の所属していた現場でも、30人くらいの職場で過去2年ほどの間に2人うつ病に罹った人がいた。うち1人は半年後に復帰して毎日定時退社で働いているが、もう1人は2年経っても復帰していないので、労災認定を受けていないとしたら、既に退職した可能性が高い。


会社を辞めた理由は、もちろん社労士として開業するためだ。
結構な会社で結構な待遇で働いている人にとっては、社労士として独立開業するのは、かなりリスキーな選択になると思うが、元々期間工という身分だった私は、ほとんど考える余地もなかった。

ただし、本格的に営業できるのは事務指定講習が終わる9月以降になる。
それまでの間は準備期間。
だからといって営業しないわけではない。
社労士法に違反するって?
大丈夫。お金を貰わなければいいのだから。

ブログパーツ

kimmasa1970 at 15:51コメント(0)トラックバック(0) 

2007年05月16日

弁護士より高い企業が続々! というキャッチに魅かれて思わず買ってしまった週刊東洋経済。
士業の世界に詳しい人間にとっては、弁護士だからってそう簡単に儲かるもんじゃないってイメージなのだが、ここではなんと、

4位  弁護士(男)  時給6666円

8位  医師(男)   時給5995円

ちなみに1位はフジテレビ。3位が電通。
その他は投資ファンドや証券会社、銀行などが上位。

さて、社会保険労務士は・・・・・・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
              まだないぞ?
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
             もしかしてランク外か?
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
        やっとありました。社会保険労務士(男)
         40歳時点での時給は、
            なんと、


             1922円(172位)



しかも、なぜか30歳時点の時給の方が100円ほど高い。
ちなみに50歳時点の時給は2297円。
一体どうやって算出したのかな? と思って欄外を見ると、厚生労働省「賃金構造基本統計調査」からだって。
まあ、40歳年収が427万円になってるから、そんなもんだろう。
でも実際の労働時間はもっと長そうだけどなあ・・・・。

しかし、美容師や用務員より下とは。
それだけ食えない社労士が多いのは事実と思わねばなるまい。
ブログパーツ

kimmasa1970 at 20:18コメント(0)トラックバック(2) 

2007年04月16日

小冊子【これが本当に社会保険労務士で成功するための秘訣だ!〜『開業力』を高めるための7つのヒント 】


萩原京二先生の小冊子を買ってみた。
たった74ページで1500円もする。
印刷も、完全なモノクロで、講演用のレジュメを製本しただけのような体裁。こんなもの、書店に置こうとしても、100%断られるだろう。

さてと、中身は・・・私は、トイレで用をたしながら読みはじめた。

・・・・すばらしい。
少なくとも、現在の私にとっては、一番知りたかった内容だと言っていいだろう。
正直言って、私と考え方が近いということも感じた。
所々ウンウンとうなづきながら、一気に読み終えてしまった。

私は、これまで、開業して成功した人の話をたくさん聞いた。
開業して失敗した人の話もたくさん聞いた。
でも、どうすれば成功できて、どうすれば失敗するのか、それは分らなかった。
開業後に自分を待ち受けている脅威について、ぼんやりとしたイメージはあったが、具体的な予測はできていなかった。
この小冊子を読んだおかげで、それを完璧な形で整理することができた。
だから、これから何をどう準備すればいいかがはっきりした。

以下は、著者による紹介文の引用である。

>この小冊子を読み終えた後に、あなたは次のような情報を得ることができるでしょう。

> ■ 開業の厳しさを知ることができる
> ■ 開業の素晴らしさを知ることができる
> ■ 今やるべきことを明確にすることができる
> ■ 【開業力】を向上させることができる
> ■ 失敗する確率を非常に低くすることができる

私は決して萩原先生の回し者ではない。
単に自分の必要とする情報を探していただけだ。
そして、著作権の侵害にならない程度に、その感想を書いたにすぎない。
同じような悩みを持っている人がこの小冊子を買っても、同じ感想を持つとは限らない。
「投資の最終決定はご自身の判断に基づいて行ってください」

kimmasa1970 at 01:23コメント(1)トラックバック(0) 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索