社労士事務所

2007年11月30日

合格発表の翌日、妻がフリーペーパーを持ってきた。
なんとそこに社労士事務所の求人が載っているというではないか!

○○社労士事務所 事務員募集
「未経験の方でも、基礎から指導いたします。有資格者歓迎!」
月給・15万円〜

住所を見ると、すぐ隣の市だ。車で15分ほどの距離。
ただ、月給15万社会保険ナシか。妻子持ちには厳しいな。
そう思ったものの、社労士なんて資格取っただけですぐビジネスができるとは到底思えない。ここは何とかして、先人から学ぶ機会を持たなくては・・・。

30分ほど検討して、妻と相談の上、その事務所に電話を掛けてみた。

・・・反応は悪くなかった。いつから来られるのか?とまで言われた。どうやらそんなに応募が殺到しているわけではなさそうだ。一週間後の土曜日に面接に行くことになった。

面接の日。
着慣れぬスーツに袖を通して、事務所に出かけた。
雑居ビルの階段を上り、ドアをノックする。
「どうぞ」
小さな応接テーブルに所長が座っていた。
あらかじめ郵送してあった履歴書を見ながら、自分の職歴を説明するように言われた。
私は大学を出てから出版業界やホテル業界を経て、期間工をやるまでの話しを説明した。
「随分遠回りしているねえ」
「・・・」
「君はパッと見たところかなりプライドが高そうだね」

さすが経営者。単刀直入にものを言う。

「君みたいなタイプにはものを教えにくいなあ」
「そうですか」
確かにそうかもしれないと思いつつも、だからといって性格は変えようがないだろうと思った。

「まあ、でも、短所というのは長所の裏返しだと言うからね」
「はあ・・・」
「君みたいなタイプは経営者とは対等に話ができそうだね」
そう言われてみればそうかもしれない。

その後、所長が7年前に脱サラして開業したこと、今はそこそこの顧問先を抱えているが、事務員をひとり雇うのがやっとだということ、余所の社労士事務所でもこの程度の待遇であることなどを話してくれた。

「君を雇うのは難しいと思うよ」
理由は2つ。
第一に、私が将来独立を目指していること。
第二に、私が家族を養って行かなくてはならない立場であること。

所長としては、仕事をやっと覚えたところで辞められては困るというのだ。まあ、この点については理解できる。

第二の理由はなぜか?
実はこの所長も、全く実務経験なしで独立開業したとのことだった。
そしてその経験から、本気で独立したいならば、事務員なんかやらずに、今すぐ開業した方がいいというのだ。
・人間のモチベーションは意外と長続きしないから
・開業するためには、軌道に乗るまでの生活費を貯金から出さなくてはならないが、この事務所で月給15万で働いてしまったら、その大切な貯金を開業前に減らしてしまうことが目に見えているから
・仕事なんか独立してから覚えることができる。実際にこの所長はそうしてきた。

実はこれ、真島さんの「開業への道」に書いてあったのと同じだった。
ただ、そうは言っても、何も知らずにいきなり開業は無謀だと思った。
とにかくこの時はまだ、試験に受かっただけで、実際の社労士業務の何たるかすら全く分かっていなかった。
就業規則作成やら、給与計算、助成金申請、退職金改定、人事制度構築などといった、顧問業務以外の代表的なメニューすら知らなかった。
そういう私から見れば、この所長は、すでに社労士として事務所を成立させていて、事務員まで雇っている。
私と所長の間にどのくらいの深さの河があるのか? それだけでも知りたかった。

「分かりました。ここで働くことは諦めます」
「そうか」
「ただし、せっかくこうしてお知り合いになれたのですから、私に実務を学ぶ機会をください」
「!」
「期間工をやりながら、会社が休みの日にここへ来ます。邪魔はしませんので、仕事を見させてください。もちろん給料は要りません」
「そう言われてもねえ・・・」
「どうかお願いします!」

「タダでもいいからって言う人もいるんだけど、実際にそれをやっちゃうとこっちが疲れるんだよね。どうしても気を使っちゃうから・・・」
「・・・」
「じゃあ、こうしよう。少しだけバイト代を出すから、バイトという形でなら来てもいいよ」
「ありがとうございます。よろしくお願いします」

このようにして面接は終わった。
採用はされなかったが、実務経験を得るという私の目的は辛うじて叶えられた。


kimmasa1970 at 00:22コメント(3)トラックバック(0) 

2007年07月12日

さて、一度目の本試験が失敗に終わって、今後どうするか?

前の会社は6月いっぱいで辞めているので、10月途中までは失業保険が出る。

ただ、元々勉強に専念するために会社を辞めたのだから、本試験が終わってしまった以上、さっさと働き始めなくてはならない。

9月の失業認定日、私は職安で初めてまじめに職業相談をした。

社労士資格取得を目指していること。できれば社労士事務所で働きたいこと。さもなくば、人事労務関係の仕事に就きたいことなどを職安の担当者に話してみたが、あまり親身になって聞いてはくれない。

35歳にもなって、これといったキャリアも持っていないような人間は、事務系では雇ってもらえないというのが、その担当者の意見だった。社労士事務所の募集もなくはないが、給料は安いしあまり勧められないらしい。

それでは、一体どんな仕事なら雇ってもらえるのか? 

「また期間工でもやれば?」

これを職業相談と言うのだろうか?

まあ、相談員といっても、要は税金で食わしてもらっている公務員である。

他人の面倒など知ったこっちゃないというのが本音だろう。

こっちも元々サラリーマンになることは既に諦めているので、痛くも痒くもない。

実際、来年合格したら、さっさと開業するつもりだったので、採用手続きの簡単な期間工は悪くない。辞める時も辞めやすいし。

下手に正社員になって、辞めづらくなっては計画通りにいかなくなる恐れがある。

というわけで、私は再度期間工の職を探すことにした。ブログパーツ

kimmasa1970 at 19:55コメント(0)トラックバック(0) 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索