社労士受験

2007年09月16日

2年目の学習の滑り出しは上々だった。
信頼できる教材も揃って、しかも8月末の本試験終了直後からすぐに迷い無く勉強に取りかかることができた。1月から手探りの状態で学習を始めた1年目と比べると、学習のスタートは4ヶ月早く、教材は誤植や誤記がなく、疑問点は電話で解決できるし、さらに1年目の下積み知識の上に学習するので、いろいろな点で進みが早かった。
逆に言えば、1年目からこのように整った環境で学習ができていれば、一発合格も夢ではなかったかもしれない。

ただ、そんな中でも悩みはあった。
仕事の勤務時間が長いせいで、ほとんど休みの日にしかまとまった勉強時間が確保できなかったのだが、その貴重な休みが月に2回も3回も休日出勤で潰されてしまうのだ。
その頃の鋳造部は、生産設備の増強のまっただ中で、作っても作ってもモノが足りない状況。24時間設備を稼働していっぱいいっぱいの状態で回しているので、少しでも機械が故障するとすぐ休出になってしまう。36協定は1ヶ月45時間だったが、特別条項の発動がほぼすべての社員が5〜6回に及ぶ。

そういう状況で働いてみて分かったが、やはり人間は機械ではないということ。1回の休出は、単純に1日の休みが潰れるだけでは済まないのだ。
本来なら体を休めるべき日に、さらに12時間も労働すると、その分は必ず他の日に影響する。つまり、集中して学習できるはずの別の休日が、疲労のために潰されてしまうことになるのだ。さらに体が参って、体調を崩すと大幅に勉強は遅れるし、会社を休まなくてはならない状態になったことも何度もあった。

そんなこんなで、その会社で働き始めて3ヶ月ほど過ぎたあたりで、さすがに学習の方が心配になりはじめた。

ところで入社して配属されるとすぐに、現場の職長との面談があるのだが、私はそこで正社員登用希望と言ってあった(実は大して登用してくれるわけでもないのに、現場責任者はこの点をかなり重視する。正社員希望者はマジメでやる気があるとみなされるのだ)。ただし、社労士の試験勉強をしていることも同時に伝えていた。要は本気で社労士を目指しているということはひた隠しにして、単なる資格マニアを装っていたのだ。
この戦略は今でも決して間違ってなかったと思っているが、それでもなかなか休出を断るのには苦労した。毎月頭に出勤表が張り出されるのだが、そこには当たり前のように休出のハンコがダダダダーッと押されている。まさに休出するのが当たり前という雰囲気。そして断る方が頭を下げなくてはならないのだ。
ちなみに1社目の(期間工をやった)会社では、休出を頼むときにはひとり一人に確認を取って、上司の方から頼みに来たものだった。
まあ、そんなことを言っていても仕方ないので、私はここで徹底的に下手に出て、必死に職長に頭を下げまくって、休出を勘弁してもらうようにした。心の中では、権利は自分にあるということを知りつつも、それは前面に出すことなく、ひたすら上司の感情に訴え続けた。粘り強く、ネチッこく面従腹背の労使協調路線だ。それでも全てを断ることはできず、月に1〜2回は休出せざるを得なかった。

kimmasa1970 at 20:35コメント(1)トラックバック(1) 

2007年08月19日

あと1週間で今年も本試験がやってくる。
私が去年やった方法で、一番効果のあった受験テクニックを紹介しよう。

私の場合、択一式で時間配分がうまくいかないという悩みがあった。
択一式70問をどんなに急いで解くようにしても、時間が足りないのである。
3時間30分で70問を解いて、さらに見直しの時間を確保するためには1問3分弱しかない。これがどうにも間に合わない。

これはもう、頭の回転が遅いのだから仕方ない。ここで頭の回転を1週間で早くするなんてことを考えてる人はきっと来年も受験することになるだろう。

私の場合は、ある方法でこれを克服した。

問題を読むスピードに限りがあるなら、読む問題の量を減らすしかない。
かといって、問題を読まなければ得点もできない。
そこで私は5肢択一という問題の形式に着目した。
正解肢だけ読む方法はないだろうか?
さすがにそれは無理だったので、頭から順番に読んで行って、途中で正解だと思う肢が見つかったらそれを選ぶことにして、あとの肢は読まないことにした。
この方法は特に誤りの肢を選ぶ場合に有効だ。

このやり方だと、すべての肢を読みながら解くより正解率は落ちるのではないか?
かなり危険なやり方だと思いながら模試で試してみたら、逆に得点が伸びた!

おそらくこれまでは時間配分に不安があることで冷静さを失っていたのではないだろうか?
ひとつのことが改善されると他のことも改善されることがよくある。
もし、同じような悩みを持っている人がいたら、一度試してみるといい。
時間が足りなくなるということは、その人はそれだけ注意深く問題を読んでいるということだ。だったら、すべての肢を読まなくても正解肢を見つけることはそんなに難しくないはずだ。
そして足切りシステムのある社労士試験は時間配分ミスで得点に偏りが出ると致命傷になる。
私はこのやり方で一気に合格圏内に漕ぎつけた。ブログパーツ

kimmasa1970 at 22:54コメント(0)トラックバック(0) 

2007年06月18日

さて、久しぶりに受験時代の話である。

平成17年の6月一杯で会社(某トヨタ系メーカー)を期間満了退社した私は、毎日朝から晩まで勉強漬けの生活を始めた。

7月末に模試を受けるのを決めたはいいが、7月頭の段階で国年と厚年、社一がインプットすら手つかずの状態。

無理やりラストスパートしたが、手ごわい3科目が終わるわけもなく、模試(TAC)の成績は散々なものだった。
択一は70問中、20点台。
ただ、選択は苦しまきれに選んだ回答がかなり当たって、3点を下回ったのは手つかずだった社一のみ。

その一週間後のLECの試験も似たような結果で、択一がどうにも歯が立たない。
とにかく分からない問題が多いとどうしても時間を取られてしまうのだ。そのせいで後の方で取り組む科目は時間が足りずに慌ててしまい、ケアレスミスの連発。
涼しい顔で答え合わせをしている周りの受験生たちがすごい人に見えた・・・。

ブログパーツ

kimmasa1970 at 23:29コメント(4)トラックバック(0) 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索