紹介

2008年08月28日

新しく契約した会社の経営者からはいろいろな相談を受ける。
前に契約していた社労士さんは、手続き以外はやらない人だったそうで、経営に役立つアイデアはあまり提供してもらえなかったそうだ。

今回は退職金のことで相談。
途中入社の社員から中退共のポータビリティのことを言われたのがきっかけで、その会社は中退共に入ることにしたそうなのだが、実はその段階できちんと中退共のメリットデメリットについて理解していないもよう。
ただ、私も別に退職金を専門に取り扱っているわけではないので、自分が完全にお世話するにはちと荷が重い。
そこで生命保険会社の知り合いを紹介することにした。中退共の一番のデメリットは、経営者の思い通りに退職金を増減できないこと。自己都合で転職した人間にも、定年まで勤め上げた人間にも、同じように積み立てた分だけ支払われてしまう。その点を説明して、民間保険を活用して節税しつつ簿外資産を積み立てて退職金をプールするやり方をサラッと説明し、良かったらいい保険屋を紹介しますよ、と持ちかけたところ、すんなりOKが出た。

保険屋もいろいろ知り合いがいるのだが、こんなときはやはり一番信用できる人間に声をかけるものだ。彼とは一年ほど前に21世紀クラブという異業種交流会で知り合ったのだが、それ以来ほとんどその交流会には顔を出していないにも関わらず、何ヶ月かに一度、近くに寄ったから・・・といったタイミングで電話をくれる。まだ私が全然お客がいない頃から、たまに情報交換と称して一緒にお茶を飲んだりしていた。他にも何人も保険屋とは知り合ったが、そんな風に定期的に連絡をくれる奴は他にいない。みんな最初の1回だけお茶をご一緒するのだが、その後はなしのつぶてで、去る者日々に疎しという奴だ。

多分今後も退職金の案件があれば、彼を頼ることになるだろう。
ということは、営業ってのは実を結ぶ営業とムダな営業があるってことだ。
その人脈にとって、自分が何番目なのかが最も重要。紹介が欲しかったら、一番目にならないとダメだ。2番目3番目にしかなれないような営業は、してもムダだ。
極端な話、1番になれないなら、2番でも100番でも同じこと。
薄い人脈をたくさん持つより、絶対的な信頼関係がいくつ築けるかが大事だと思う。

kimmasa1970 at 02:16 

2008年07月14日

すでにある助成金の案件を契約しているお客から、さらに別の助成金2つと就業規則の作成をクロージングした。
ただ、なかなか就業規則の重要性については理解してもらうのが難しく、就業規則の作成については、少し安い金額での妥結となってしまった。

もちろん、トータルで見ればそれほど悪い条件ではないのだが、仕事の価値からすると、値切られた格好だ。
でも、今回は事前にある程度感触を掴んでいて、お互いの希望額に隔たりがあることを予測していたので、少々金額を値切られても必ず妥協点を見つけて終わることにしようと心に決めて交渉に臨んだ。前に顧問契約の案件で交渉に失敗したことを思い出し、とにかく次につなげることを最優先しようと思っていた。

実際問題、一件の相手先で複数の案件をこなす分には、手間はさほど掛からない。
そうした点も考慮に入れて、契約書にサインした。

私が相手の提示額に妥協したからか、それとも元々そのつもりだったのかは分からないが、1件お客を紹介してくれるという・・・。
パチンコ店とラブホテルを経営する在日の方らしい。
う〜ん、コワイ人でなければいいのだが・・・。


kimmasa1970 at 21:48 

2008年01月04日

正月に妻の実家に行ってきた。
もちろん自分の仕事の話もする。
親戚中には当然、開業案内は送ってあるが、実際に話してみると誰も社労士が何をする職業なのか分かっていない。
そんな状況では、なかなか紹介ネットワークも拡がっていかないなあ、などと思いながら皆と話していると、そろそろ確定申告の時期ということで税金の話題に・・・

実は自営業者というのは、案外身近にいるもので、この親戚にも喫茶店の経営者をしている男性とエステ店の経営者である女性がいた。色々話を聞いてみると、確定申告が面倒くさくてかなわんという話。自分で本を読んだり、税務署に電話したりして調べているのだが、実際に自分に必要ないこともたくさんそこには含まれていたりするので、忙しい中そんなことしていられないというのだ。

こういう「お困りの人」を見つけたら、営業チャンス!である。
実際、社労士のやっていることだって、門外漢にしてみれば、いちいち調べていたら日が暮れてしまうようなことばかり。
いわゆる「知っている人に聞くのが一番早い」という状況だ。

私「それは大変ですねえ。そういう時は分かってる人に1時間程度教えてもらえば、すぐに解決しますよ。本当に必要なことだけ教えて貰うなら、1時間で十分です。本なんか読んでてもキリがないですからねえ」
経営者「そうなんですよ。誰かそういう人知りませんか?」
私「いやあ、実は僕の知り合いで、あなたと丁度同じくらいの年齢で女性の公認会計士さんがいまして、この前も似たような相談をJCの人から頼まれて紹介したんですよ」
経営者「そうなんですか! 私と同じくらいの年齢で、女の方ですか。それなら話が聞きやすそうですねえ」
私「そうそう。まだ開業してそんなに経ってない方だから、親切に話を聞いてくれるんですよ。ご主人もいらっしゃる方なので、お金のこともそんなにうるさく言わないし・・・何なら紹介しましょうか?」
経営者「是非、お願いします!」

こんな感じである。困っている人の相談に乗りながら、いとも簡単に営業してしまった。しかも、私自身は税理士ではないので、私から話を聞くだけならお金を取られる心配もない。そう思って話を聞いているうちに、いつの間にか税理士の紹介案件がまとまってしまう。経営者にしてみれば、困っているところを助けてもらえてラッキーとしか思っていない。
とにかく紹介というのは最強だ。

kimmasa1970 at 11:46コメント(0)トラックバック(0) 
過去の回想を順に読む場合はこちらから(各項目の記事の最後に「次のページへ」というリンクがあります)
記事検索
Google
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
楽天市場
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
にほんブログ村 士業ブログへ
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。
検索
カスタム検索